さわって学べるSikuliXPythonで作るRPA

大澤 文孝 著 

2,640円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

無償で使えるRPAツール
前提知識はPythonのみ


 「お金をかけずにRPAツールを作りたい」ーー

 こうしたニーズをお持ちなら、本書で紹介している「SikuliX」はピッタリです。

 SikuliXは、無償で利用できるRPAツールです。パソコンのモニターに表示されている画像を認識する機能を備え、マウスやキーボード操作を自動化できます。例えば、「画面のこの領域のデータを読み取って、別のアプリのこの領域にコピーする」といった作業を自動化できるのです。

 画像認識技術を用いているので、アプリを選びません。自社で作り込んだ専用のアプリでも、Webブラウザーでも、エクセルでも、適用できます。人によるパソコンでの作業のほとんどをカバーできるでしょう。

 SikuliXは複数のプログラミング言語で扱うことができ、本書では最近注目の「Python」で説明しています。SikuliXのインストール手順に始まり、基本的な操作方法やプログラミング方法を丁寧に解説していますので、Pythonが読めれば、そのほかの予備知識なしに利用可能です。

 本書の特徴は、RPAのサンプルをたくさん掲載していることです。「こんなことがやりたかった」が見つかれば、本書のサンプルを参考にすることで、すぐにでも業務自動化が可能になります。

≪目次≫
CHAPTER 1 RPAを実現するSikuliX
CHAPTER 2 SikuliXの基本
CHAPTER 3 日本語とテキスト入力操作
CHAPTER 4 画像マッチングを極める
CHAPTER 5 さまざまなSikuliXプログラミング
CHAPTER 6 イベントとダイアログ
CHAPTER 7 OCR操作
CHAPTER 8 ライブラリの利用と他アプリとの連携
CHAPTER 9 SikuliXを使った本格RPAアプリ
Appendix SikuliXリファレンス

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年8月26日
ISBN
9784296103034
ページ数
288
サイズ
A5
原著者
大澤 文孝