• 予約受付中

永守重信の人材革命 実践力人材を育てる!

日経トレンディ 編 

1,870円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介


“Fランク”とレッテルを張られた組織をどう変えたのか、
社会や企業で活躍する若者を育てるために何が必要か--。

本書は、日本電産を1代で世界トップの総合モーターメーカーに育て上げた経営者・永守重信氏が、
50年計画で挑む「大学改革」から、組織改革・人材育成の本質を探り出した書籍です。

改革の舞台は、京都市内に本部を置く「京都先端科学大学」。
19年3月までは京都学園大学という名称で、受験界では偏差値が低く“Fランク”と呼ばれていました。
永守氏は私費130億円以上を投じたうえに、自ら大学に足しげく通い、改革を断行。
同大学は、永守氏の理事長就任からわずか2年で、大きな変貌を遂げつつあります。

今回は、永守氏本人に加え、彼の薫陶を受けた5人の改革実行者に直撃。改革の全貌に迫りました。
本書は、大学改革を追った書籍であると同時に、永守氏の組織論、人材育成論を学べる書籍です。
そして、カリスマ経営者の人間像に迫った書籍でもあります。
会社という組織の中で自分がどう動き、人を動かすために何をすべきか。
そして、これから世界で戦っていくうえで必要な人材とは何か、
若者にどう接するべきかといった視点でも、ビジネスパーソンに役立つはずです。

<<目次>>
序章「人材がいない! このままでは日本はダメになる」
・カリスマ経営者・永守重信氏が感じた「危機感」
・50年にわたる人材育成から分かった1つのこと
・自分で動ける人間こそ、強い!
・社会全体で人材育成に取り組むべき
・大学も社会に必要な人材を育成すべき!
・問題の根源は、知識偏重、偏差値偏重にあり!
・永守氏が「教育」に心を砕くわけ
・ブランド主義が「無気力」な人間を生む

1章<組織改革・人材育成>
Part 1 永守流・勝てる組織のつくり方
■永守流・トップの「在り方」
・トップは常に「大ぼら」を吹け!
・ほらはウソではない。だから人が付いてくる
・ほらを吹くからには、成し遂げる覚悟を見せよ
■後ろ向き組織の変え方
・分身を送り込み、イズムを注ぎ込む
・同じベクトルを向く人間を発掘、そして集めよ!
・ビジョンの“喧伝”で、プロ人材を呼び込む
■任せて組織力を高める
・トップ、上司は「御用聞き」になれ!

Part 2 永守流・勝てる人材の育て方
■永守流「一流の人材」とは
・これからの人材に必要な3つの「P」
・いい人材の条件   「IQ」より「EQ」
・IQ教育の限界   「玉露のかすよりも番茶の上等」が欲しい
■永守流、実践力人材の見つけ方・育て方
・「光るものを見つける」   試行錯誤の新卒採用
・「自ら考え、もがく」   実践力を鍛える方法とは
・「人間力」と「雑談力」を磨き、世界へ
・感情を伝えられる英語力、もはや運転免許と同じ

Part 3 私財130億円以上を投じた「大学革命」 前夜~本格始動へ
・「この大学を使ってやってほしい」
・2人の共鳴者を選び出し、大学へ送り込む
・立ちはだかった認可の壁   そしてついに……

2章<実行者が語る 組織改革・人材育成>
Part 1 実録!改革実行者1 副理事長 浜田忠章氏
「組織を変革せよ!   仕組みを変革せよ!」
・カリスマ経営者・永守重信氏の“影武者”
・日本電産流の人事評価制度で変革を加速
・大学でマナーも教育?   「そこまでやるか」が永守流

■インタビュー<心を揺さぶられた、永守氏からのメッセージ>
「困難は、解決策を連れてくる」

Part 2 実録!改革実行者2 学長 前田正史氏
「変革人材を集めよ!」
・永守氏と大学国内最高峰を知る男
・東大・京大とは違うやり方で学生を伸ばす
・“内なる国際化”で若者の実践力を引き出す
■インタビュー<心を揺さぶられた、永守氏からのメッセージ>
「夢が少しずつ現実になってきたな」

Part 3 実録!改革実行者3 工学部長 田畑 修氏
「実践力のあるエンジニアを育てよ!」
・永守氏肝煎りの新鋭工学部、ここに立つ!
・“英語を学ぶ”から“英語で学ぶ”へ   世界へ門戸を広げる
・必要なのは「ストリートスマートグローバルエンジニア」
■インタビュー<心を揺さぶられた、永守氏からのメッセージ>
「ものの考え方、その実行力がいい」

3章<意識改革>
Part 1 永守流・一流への意識の変え方
■組織改革も人材育成も「意識」から
・上の意識が三流なら下も三流になる
・何度も何度でも「ビジョン」を刷り込む
■熱意、本気の伝え方
・熱意は「キャッチボール」   投げ続ければ返ってくる
・「鯉のなかにナマズを一匹」   緊張感を常に持たせる

4章<実行者が語る 意識改革>
Part 1 実録!改革実行者4 インターンシップセンター部長 池田仁美氏
「実践とグローバルのスイッチを入れよ!」
・国際化の切り札は「インターンシップ」   新部署でテコ入れ
・“てっぺん”の層をつくり、全体を引き上げる
・“永守効果”で国内の協力企業も激増
■インタビュー<心を揺さぶられた、永守氏からのメッセージ>
「教育業界に来たことの責任感を感じて、頑張ってほしい」

Part 2 実録!改革実行者5 事務局長 藤塚晃生氏
「一丸となって改革にまい進せよ!」
・実行者5人の中で、唯一大学の過去と今を知る人物
・事務・管理部門の最初のミッションは「経費削減」
・永守氏による昼食懇談会 その「実行役」として同席
■インタビュー<心を揺さぶられた、永守氏からのメッセージ>
「常に、前向きな発言をしろ」

Column<大学の国際化を推し進めるキーパーソン 国際オフィス部長 武田 浄氏>
世界に照準を合わせた日本唯一の学校

終章<永守氏の夢>
「最後はやっぱり、人に喜びを」
・好きなこと、得意なことを伸ばしたい
・中高大一貫教育で教育業界に風穴を
・永守氏が塾長のビジネススクールも
・課題は山積   「50年後」まで計画はある!

Column<学生インタビュー>
「工学部の未来は、私たち1期生の頑張り次第!」

Column<「2019年理事長入学式挨拶」要約>

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年9月23日
ISBN
9784296106998
ページ数
276
サイズ
四六判
原著者
日経トレンディ