DX推進から基幹系システム再生まで デジタルアーキテクチャー設計・構築ガイド

野村総合研究所 著 

2,750円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

デジタル化への第一歩を踏み出せ
DXの要素を網羅的に解説


多くの企業で自社ビジネスをデータ活用やAIなどの技術によって変革し、デジタル化を果たそうという動きが出てきています。これが「DX(Digital Transformation)」です。

とはいえ、いざ「我が社もDXだ」となっても、具体的に何から検討すれば良いか分かりにくいところもあるでしょう。そこで本書ではDX推進のためのコンサルティング業務に携わる執筆陣が現場経験を基に、DXに求められるITアーキテクチャー設計や、情報システム刷新のポイントをなるべく体系的に整理しました。

DXに必要なITアーキテクチャーの全体像から始まり、マイクロサービスやクラウド、アジャイル開発やDevOps、データ活用基盤などデジタルビジネスの実現に欠かせない技術要素や開発手法をくまなく解説します。

また、DX推進のためには新しい技術に下支えされた新サービスの開発だけでなく、既存システムとの協調も重要になります。レガシーも含む既存システムの実態を把握し、使える部分は生かし、捨てるべきは捨てて、新旧システムをうまく共存させながら新しいアーキテクチャーへと移行する手腕が問われます。

本書では豊富な図解を交えつつ、こうしたDXに必要な基礎知識を網羅的に紹介します。企業の情報システム部門の担当者を始め、DX推進とシステムに関わる幅広い層に参考となる1冊です。

≪目次≫
第1章 DXのためのITアーキテクチャー概論
第2章 DXの「超上流工程」の進め方
第3章 マイクロサービスの基礎
第4章 クラウドサービス活用
第5章 アジャイル開発とDevOps
第6章 ゼロトラストセキュリティー
第7章 データ活用基盤の整備
第8章 5G技術と活用例
第9章 レガシーシステム刷新手法
第10章 組織編成と人材活用

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年11月24日
ISBN
9784296108015
ページ数
296
サイズ
A5
原著者
野村総合研究所