データサイエンス数学ストラテジスト[中級]公式問題集

公益財団法人 日本数学検定協会 著 

2,200円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

デジタル時代に即した新資格試験
合格最短コースの公式問題集


ビジネスパーソンに求められる「基本スキル」が大きく変化しようとしています。その背景にあるのは「デジタル技術」の進化、その本質は「データ化」です。データ化とは、コンピューターで処理したり分析したりできることを意味します。

会社の業務がデータ化されるということは、業務が「データ処理」になり、業務上の判断は「データに基づいた分析」になります。そのために必要な知識とは、学校教育でいえば「数学」の分野に入るものです。例えば、データを分析するには確率統計が基本で、線形代数や微分積分を駆使することで高度な分析が可能になります。これからのビジネスパーソンにとって、「数学」はより重要になるのです。

ジャンルによってはやや高度な知識が必要ですが、学校教育の数学のすべてが必要になるわけではありません。求められるのは、ビジネスパーソンに求められるスキルを、学校教育の数学と結び付け、効率よく、無駄なく学習できるように体系立てることです。それこそが『データサイエンス数学ストラテジスト』資格制度です。世の中のトレンドを先取りしているだけでなく、ビジネスパーソンにとって実用度の高い試験内容になっています。

資格試験には中級と上級があり、本書は中級の公式問題集です。掲載している問題数は60問で、それぞれの問題を解くための考え方を丁寧に解説しています。本書での学習が合格最短コースになります。

≪目次≫
第1章 ジャンル① AI・データサイエンスを支える計算能力と数学的理論の理解
中級・全30問

第2章 ジャンル② 機械学習・深層学習の数学的理論の理解
中級・全10問

第3章 ジャンル③ アルゴリズム・プログラミングに必要な数学リテラシー
中級・全10問

第4章 ジャンル④ ビジネスにおいて数学技能を活用する能力
中級・全10問

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2021年9月6日
ISBN
9784296109883
ページ数
144
サイズ
A5
原著者
公益財団法人 日本数学検定協会