デジタル未来にどう変わるか?AIと共存する個人と組織

上田 恵陶奈、岸 浩稔、光谷 好貴、小野寺 萌 著 

2,750円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

デジタル社会を生きるすべての人々へ
「 AIに仕事を奪われる 」 のその後を示す


オックスフォード大学の研究に端を発する 「 AIが仕事を奪う」 というメッセージに世界は驚き、一時は 「 AI脅威論」 が語られました。しかしそれは程なく 「 人とAIの共存の始まり 」 と理解されるようになりました。

私たちの未来はAIと共にあります。それは、どんな世界、どんな働き方になるのでしょうか? 本書は、その問いに向き合った研究成果です。4人の研究者による、足かけ5年に及ぶ活動の成果が本書にまとめられています。

本書で示していることは、(1)AIと人が共存する仕事のイメージ、(2)AI共存時代に求められる 「 人 」 の能力、(3)AIと共存して成果を出す組織、そして特徴的なのは(4)現時点の組織・人を起点に複数の成功パターンを描いていることです。

理想的な能力を持った理想的な組織を描き、これが 「 未来の仕事 」 と伝えるのは難しくないでしょう。だがあえてそうせず、 「 非自律的な人材や学習意欲が高くない人材もいる 」 という現実から目をそらすことなく、読者一人ひとりに 「 あなたの未来に向けた行動計画を立てられるようにする 」 というスタンスが貫かれています。そこにあるのは 「 誰も取りこぼさない 」 という研究者たちの志、それは、この本の最も素晴らしいところです。

本書を読めば、デジタル時代に身につけるべき能力が分かり、成功の具体的なイメージが描けるようになるでしょう。研究者の高い志のおかげで、読み終わって悲観的になることはありません。デジタル社会を生きるすべての人々に読んでもらいたい1冊です。

≪目次≫
第1章 第四次産業革命が働き手に与えるインパクト
第2章 AIと共存する時代にヒトが果たす役割
第3章 AIと共存する人の進化
第4章 AIで業務は変わり続ける
第5章 組織に適したトランスフォーメーション
第6章 あなたに問うキークエスチョン

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2021年9月13日
ISBN
9784296109913
ページ数
232
サイズ
A5
原著者
上田 恵陶奈、岸 浩稔、光谷 好貴、小野寺 萌