日経Automotive2020年2月号

日経Automotive 編   no. 119 1月11日発行

2,600円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月11日発行
24,500円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

Close-up
・世界のソフトウエア人材 東京 ・ 日本橋に集結(005p)
VOICE
・企業風土を改める ほか(007p)
Automotive Report
・パナソニック社長 「テスラを支え続ける」 (014p)
・トヨタが手放し自動運転機能を拡張 遠隔ソフト更新で20年量産へ(018p)
・モービルアイのロボタクシー向けIC 米インテルではなくSTが製造(020p)
・日産、エンジン試作に3Dプリンター 部品軽量化に100倍の効果(022p)
・ダイハツの 「DNGA」 第2弾 燃費で 「クロスビー」 を超える(025p)
・小型車にも1.5GPaホットスタンプ コスト抑えて衝突安全に対応(030p)
・マツダの新エンジン工場が稼働 「スカイアクティブX」 量産(032p)
・ジェイテクトが対抗心 ホンダ ・ 日立の統合部品会社(034p)
New Car Report
・VWの小型SUV 「T-Cross」 ADASセンサーにカメラを追加(036p)
・GMの 「キャデラックXT6」 トヨタの高級ミニバンなどを追撃(038p)
・ボルボのセダン 「S60」 安全重視で国産車顧客を取り込む(040p)
Cover Story テスラ分解 強さの源泉
・テスラ分解 強さの源泉 統合ECUの衝撃(046p)
・トヨタやVWより6年先に理想形(048p)
・分解調査で分かったテスラ 「モデル3」 の主要部品(050p)
・少数精鋭のECUが競争力に(052p)
・ACC作動時の自動ブレーキを試す(057p)
・“電池交換式”を諦める(060p)
・アルミから鋼板へ戻す(064p)
Features1
・トヨタとNTTが次世代データ基盤 500万台のコネクテッドカーに対応(066p)
Features2
・日産の“新”混流生産 EV専用ラインは要らない(072p)
European Report
・ボルボが自動運転を再定義 「レベル」 ではなく利用者視点で(078p)
・シトロエンが電動化で攻勢 2020年にEV投入へ(080p)
連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術
・運転領域の限定で変わるエンジン CASEが高効率化への鍵に(082p)
連載講座 パワートレーンメカニズム
・超小型モビリティーに応用可能 4点接触玉軸受も保持器なしに(086p)
News Digest
・米NI、Transportation部門のターゲットは自動車 79GHzの車載レーダーを4GHzの帯域幅でテスト ほか(090p)
Market Watch
・ 「タント」 が首位、ついに 「N-BOX」 が陥落 DNGA適用車の 「ライズ」 は8位に食い込む ほか(100p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年1月11日
サイズ
0
原著者
日経Automotive 編