日経Automotive2022年8月号

日経Automotive 編   no. 149 7月11日発行

2,720円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月11日発行
24,500円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

Close-up
・トヨタの水素エンジン車市販化 「4合目」 (004p)
VOICE
・EVの航続距離は100kmで十分 ほか(005p)
Automotive Report
・ジヤトコがクラッチに微細表面形状 カエルとキリギリスの足裏を模倣(013p)
・樹脂化でEVモーター2割小型化 住友ベークライトが23年度量産へ(014p)
・日本電産が中国に新工場 電動アクスル年産100万台(017p)
・電磁鋼板75%削減の電動アクスル 愛知製鋼が30年量産へ(018p)
・日産のADASセンサーを流用 ルノーは独自開発より割り切り優先(020p)
・日産 「アリア」 、HUDの視認性向上 パナソニックが照度計算を高速化(021p)
・ミシュランが全タイヤにRFIDタグ 「2024年問題」 に合わせ(022p)
・レクサスが新感覚試乗サービス 著名人のトークを聞きつつ追体験(024p)
・日産、次世代LiDARで自動緊急回避 「事故の9割カバー」 (026p)
・ 「モビリティー×社会基盤」 に軸足 古河電工が挑むCASE関連技術(028p)
・BYDが日本向けの電気バス発売 新型電池で航続距離を延長(030p)
New Car Report
・レクサス初のEV専用モデル 「RZ」 「bZ4X」 より90km短い航続距離に(032p)
・ルノーが新ハイブリッド機構を導入 日産e-POWERとは別もの(034p)
・トヨタの新型 「レクサスLX」 車両質量200kg軽量化の極意(036p)
Cover Story 軽EV時代の幕開け
・軽EV時代の幕開け(040p)
・航続距離を追わない独自路線(042p)
・200万円台の価格で利益を確保(044p)
・生産性を維持する工場の極意(047p)
European Report
・メルセデス ・ ベンツ、EV化加速で新ブランド戦略を発表(056p)
Event Watch
・トヨタ ・ マツダの新型車部品が続々
人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA(058p)
Features
・どうなる日本のV2X通信 新たな通信方式を導入か(062p)
・電磁鋼板不足は怖くない? 鉄粉で造る車載モーターコア(066p)
Disassembly Report
・LiDAR内部に6枚の基板 トヨタ 「ミライ」 のADASセンサー(071p)
News Digest
・自工会、新体制で取り組む重点テーマを説明 エネルギー使う自動車だけ悪者扱い 「勘弁して」 ほか(074p)
Market Watch
・ 「ヤリス」 が5カ月ぶりに首位奪還、 「N-BOX」 は4位に後退 全体では二桁減、減産の影響を抑える努力続く ほか(082p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2022年7月11日
サイズ
0
原著者
日経Automotive 編