日経コンストラクション2018年11月26日号

日経コンストラクション 編  no. 700 11月26日発行

1,548円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4月曜日発行
24,900円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集 追跡! 建設事故トラブル
・追跡! 建設事故トラブル 思わぬ被害を招いた調査 ・ 設計、維持管理の盲点(038p)
・西九州道の法面崩落 厚さ1mmの粘土層が“一枚岩”崩す
盲点▲▲▲ボーリング調査で判別できない極薄層(040p)
・和歌山の斜面崩壊 “水”を甘くみた盛り土が凶器に
盲点▲▲▲調査データで見落とした地中の状況(043p)
・新潟の路面陥没 見逃された土砂流出リスク
盲点▲▲▲事前に沈下指摘されたが空洞と思わず(048p)
・富山の倒木事故 4000万円の賠償請求に発展
盲点▲▲▲ 「不運」 では済まない自然木の内部腐食(052p)
・山口の大規模断水 前例が無い送水管の疲労損傷
盲点▲▲▲異常のサイン見抜けない表面的な点検(055p)
・小田急の線路陥没 埋設管破断で3万人超が足止め
盲点▲▲▲直接目視できず地上からの確認に依存(058p)
ズームアップ 橋
・軽いUFC床版を高速道路に初採用 玉出入路床版設置工事(大阪府) (008p)
土木のチカラ
・復活した 「疏水船」 が伝える明治期の偉業 びわ湖疏水船(大津市~京都市) (014p)
NEWS 焦点
・逆行する 「補助金改革」 交付金の個別補助化で地域の自主性はどこへ? (022p)
NEWS 時事 ・ プロジェクト
・出来高2割の工事で完成偽装 検査員に別の現場見せる、担当職員を刑事告発へ(024p)
・豊洲と築地を結ぶ環状2号、旧市場通って暫定開通(025p)
・大型船の衝突でトラス橋損傷 バイパス材で耐力を確保し年内に仮復旧(026p)
・橋台工事で杭位置90cmずれ 測量時に入力ミス、杭の増し打ちで補修(028p)
・品川の西口駅前整備、地下鉄がネックになる可能性(030p)
NEWS 技術
・鋼管杭の機械式継ぎ手を50%コンパクト化 接合時間は1カ所当たり10~15分(031p)
・配筋効率2倍、鉄筋をぶら下げたまま結束 配筋ピッチの保持効果も好評(032p)
・地下躯体の3次元数値解析モデルを自動作成 施工手順を反映して時間を9割短縮(034p)
新製品 ・ 新サービス
・衛星画像利用サービス EarthWatch
世界最高の30cm解像度 撮影の数時間後に閲覧可能(062p)
ねっとわーく
・催し物案内/編集部から 国総研講演会 ほか(081p)
・読者から 学生が現場に接する機会を(082p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年11月26日
サイズ
*
原著者
日経コンストラクション