日経コンストラクション2020年5月11日号

日経コンストラクション 編   no. 735 5月11日発行

1,620円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4月曜日発行
24,900円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 設計危機 見逃される単純ミス
・設計危機 見逃される単純ミス(044p)
・荷重半減の橋脚にひび割れ発生 豊里大橋の耐震補強(宮城県) (046p)
・旧擁壁の設計ミスまで“復元” 金沢川の護岸復旧(福島県南相馬市) (048p)
・機転利かせた再現設計があだに 八戸港の河原木2号岸壁(青森県) (050p)
・11cm確保したのにかぶり不足
厚木秦野道路のボックスカルバート(国土交通省関東地方整備局) (052p)
・ミス挽回のチャンスを逃す 安謝川の護岸補強(沖縄県) (054p)
・上流と同じ桁下高なのに船通れず 女神橋(横浜市) (056p)
・不可解な設計委託で市が責任認める 明午橋の添架配水管(熊本市) (059p)
・露呈する技術力低下と予算不足(062p)
トピックス 新型コロナ対策
・世界が示す工事再開の条件(008p)
現場紀信
・東京外かく環状道路 ・ 本線トンネル(南行)大泉南工事 「スムーズさ」 が随所に(012p)
ズームアップ ダム
・100年前のダムを押さえ付ける 千本ダム堤体耐震化工事(島根県) (022p)
NEWS 時事 ・ プロジェクト
・台形の打ち継ぎ目が浮きの原因か(032p)
・中部横断道でまた死亡事故、モルタル落下(034p)
・やはり 「決壊」 、国交省が異例の訂正(035p)
・橋脚工事で仮補強済みの法面が崩落(036p)
・i-Conに続々と新基準、標定点の省略も(037p)
NEWS 技術
・4足歩行のロボットがトンネルを監視(038p)
・震度7でも石垣を崩さない補強材(040p)
・シールドのビット交換で掘削期間半減(042p)
新製品 ・ 新サービス
・小型地震計 ACCURA 手のひらサイズで簡単設置 気象庁の震度検定に合格 ほか(075p)
読者から
・配筋作業のチームプレー、伝承は道半ば ほか(081p)
記者の眼
・災害とウイルスの複合リスクに備えよ(082p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年5月11日
サイズ
0
原著者
日経コンストラクション 編