日経コンストラクション2022年7月号

日経コンストラクション 編   no. 784 7月20日発行

2,400円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月20日発行(年12冊)
19,800円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集1 賃上げ包囲網
・賃上げ包囲網(034p)
・降って湧いた 「賃上げ加点」 拙速な入札優遇策に業界困惑(036p)
・大手建設会社の実態 賃上げの裏に 「後れ取れない」 切迫感(040p)
・大手コンサルの実態 賃上げ表明するも実現方法は未定(044p)
・建設業の 「官製春闘」 組合要求を上回るベアが続出(048p)
・地方で広がる格差 賃上げする大手、踏み切れない中小(050p)
特集2 高速道路大改造いざ本丸へ
・高速道路大改造いざ本丸へ(054p)
・特定更新の現在地 全国で進む高速道路リニューアル 「重交通路線」 の難所へ続々と挑む(056p)
・注目のプロジェクト 日本橋区間地下化(首都高速道路)
動き出した首都高地下化 河川上の狭い空間で進む桁撤去(058p)
・注目のプロジェクト 14号松原線喜連瓜破付近の高架橋(阪神高速道路)
高速道路で異例の3年間通行止め 一般道への影響抑える“集中工事”(062p)
・注目のプロジェクト 中国自動車道吹田JCT-中国池田IC間(西日本高速道路)
見たことのない施工法が目白押し 「せり上がる」 桁や縦 ・ 横取り架設(066p)
・隣の注目工事 中国自動車道中国池田IC-宝塚IC間(西日本高速道路)
「7万台路線」 での床版更新 橋脚の改造で3重の防音設備(070p)
・更新で生まれた技術 渋滞緩和や長寿命化 突き付けられた課題を技術で克服(072p)
・第2期へ準備スタート
羽田トンネルなど新規事業が浮上 工事費確保へ料金徴収期間を再延長か(077p)
TOPICS
・災害対策 熱海土石流の被災地で堰堤新設進む(007p)
FIRST NEWS
・東洋建設が 「物言う株主」 排除に失敗(014p)
NEWS 時事 ・ プロジェクト
・経営 コロナ支援先の倒産増、目立つ低い生産性(018p)
・防災 盛り土規制の技術基準を作成へ(020p)
・プロジェクト インド高速鉄道の設計変更を日本が支援(021p)
・制度 残土搬出先の指定徹底へ、入契法指針変更(022p)
・調査 都道府県の7割が資材単価を毎月更新せず(023p)
・防災 首都直下地震で都が新たな被害想定(024p)
・行政 PPP ・ PFIの事業規模を10年で30兆円に(025p)
・プロジェクト 2つの蒲田駅結ぶ 「蒲蒲線」 、第1期整備へ(026p)
・制度 単品スライドで実勢価格反映しやすい運用(027p)
・プロジェクト 骨太方針で 「リニア全線開業前倒し」 言及(028p)
NEWS 技術
・コンクリート 残コンをゼロにしながらCO2削減(030p)
・トンネル 自律飛行型ドローンで坑内の映像を生成(031p)
・ドローン 標定点不要の国産ドローン(032p)
土木のチカラ
・百寿を超えたケーブルで吊る赤い橋 美濃橋(岐阜県美濃市) (086p)
土木の法務解説
・追加工事代金の請求 現場での口約束に落とし穴(094p)
過去問で攻略! 1級土木に学ぶ技術の基本
・複数の工程表を理解して使いこなす(097p)
KANSAI2025
・交差する2路線を既存線路上で高架化 阪急京都線 ・ 千里線連続立体交差事業(100p)
成績80点の取り方
・地質を読み施工手順変えて工期短縮 洲本バイパス宇山地区付替市道設置工事(兵庫県) (104p)
新製品 ・ 新サービス
・自動かくはん機 KNEADRUM S ほか(107p)
読者から
・長寿命化計画立てるも予算や担い手が足りず ほか(112p)
記者の眼
・ICT施工の普及で増える 「無防備な」 測量データ(114p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2022年7月20日
サイズ
0
原著者
日経コンストラクション 編