日経エンタテインメント!2021年5月号

日経エンタテインメント! 編   no. 375 4月2日発行

790円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月4日発売(年12冊)
7,410円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集1 新ヒットメーカーの条件
・新ヒットメーカーの条件 “マルチタスク”の新才能が台頭(032p)
・“表の顔”が相次いで“裏方仕事”に挑戦
映画監督に挑む俳優、脚本を書く芸人、プロデュースを手掛けるアーティストらが存在感(034p)
・INTERVIEW 映画 『ゾッキ』 監督 1 竹中直人
ロケハンもキャスティングもできる 映画に贅沢な関わり方ができる監督業(035p)
・INTERVIEW 映画 『ゾッキ』 監督 2 山田孝之
本当は芝居だけやっていたい。 その環境作りのために裏方も(036p)
・INTERVIEW 映画 『ゾッキ』 監督 3 齊藤工
日本の映画作りは変わるべき時期 『ゾッキ』 はその象徴かもしれない(037p)
・INTERVIEW ドラマ 『でっけぇ風呂場で待ってます』 脚本 秋山寛貴(ハナコ)
初のドラマ脚本に挑戦。新作コント週2本の“脳トレ”が財産に(038p)
・映画 ますます進むクリエーティブな才能のボーダレス化が、映画表現の刺激に(039p)
・海外の注目クリエーター 米国 スター ・ ウォーズとマーベル映画が注目監督を生み出す(042p)
・テレビ/ドラマ
動画配信を視野に深夜ドラマが増加、個性的な作り手の活躍の場が広がる(043p)
・テレビ/バラエティ お笑い番組の増加で、放送作家が得意分野を生かせる時代に(045p)
・海外の注目クリエーター 韓国
世界的人気を背景に若手の才能の台頭とボーダレス化が進む(047p)
・音楽編 アーティスト指名のクリエーターが存在感、ネット発ではボカロPが躍進(048p)
・制作者に聞く注目クリエーター 音楽(1) 島田昌典 音楽プロデューサー
ボカロP出身者は 自由度が高い発想が魅力 プロデュース力も際立つ(049p)
・制作者に聞く注目クリエーター 音楽(2) いしわたり淳治 作詞家
「メロディーにハマる」 「面白い言葉」 の両方を備えるヒゲダンの歌詞(050p)
・INTERVIEW くじら
yamaの 『春を告げる』 の楽曲を制作 ボカロ曲も作り続けるクリエーター(051p)
特集2 テレビ春の新番組総ざらいガイド
・テレビ春の新番組総ざらいガイド 新番組投入や枠移動で強化 若者層重視がさらに加速(052p)
・ドラマ 恋愛モノのほか、風刺や日常系などコメディが多数登場(053p)
・新進気鋭の作り手が続々と参入、恋愛ドラマも強力な布陣
今期の本命 ・ 大穴を占う! 恒例のドラマダービー(056p)
・バラエティ 工夫をこらした新企画登場、お笑い系もさらに増加(058p)
特集3 VTuber 最新事情
・VTuber 最新事情(076p)
巻頭インタビュー 佐藤健
・Theme 1 るろうに剣心 最終章 20代以降をともに生きた 『剣心』 との決着(006p)
・Theme 2 デビュー15年の軌跡 「勝つ」 ためのブランディングとデジタル思考(011p)
・Theme 3 Beginning~佐藤健の“これから” 純粋に、もっと面白い作品を。そこに関わっていきたい(014p)
・新王道 俳優の歩み
作品全体を俯瞰で捉える 高い自己プロデュース力で出演作をヒットへ導く(018p)
注目作研究 るろうに剣心 最終章
・るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning 
“動”と“静”の2作で伝説の幕を閉じる ~超大作を徹底解剖(020p)
・監督らが明かす 最終章2部作の 終わり Finalと始まり Beginningの作り方(021p)
・雪代 縁[ゆきしろ ・ えにし]役 新田 真剣佑
「大役に燃えた」 と言うシリーズ最恐の敵役 「参加できたことを誇りに思います」 (025p)
・藤田五郎(斎藤一)[ふじた ・ ごろう/さいとう ・ はじめ]役 江口洋介
「 『るろう』 を終わらせなきゃいけないと 全員が使命感を背負った現場でした」 (026p)
インタビュー
・SKY-HI 「THE FIRST」 でいよいよ始動。動き続けるラッパーの挑戦(028p)
梶裕貴 えん
・ 「キャラクター」 対談 鈴木 央 マンガ家×梶 裕貴 声優(060p)
放送作家による月例雑談 テレビ業界メッセンジャー
・池脇千鶴の覚悟も見事 みんなを励ました 『ジルバ』 (062p)
ヒットチャート分析
・映画
興収 ・ 満足度で首位独走の 『シン ・ エヴァ』 10代も取り込んでファン層を拡大中(064p)
・音楽
ジャニーズ勢がトップ10に3曲登場 “エヴァ”効果で宇多田ヒカルがアルバム3位(065p)
CMフォーカス
・ 「カンナとミナミと星野先生」 篇 NTTドコモ
タレント、ヒット作など“CM資産”を生かした新展開で好感度トップ3入り(066p)
エンターテック キーワード×キーパーソン
・FIMMIGRM 手軽にアレンジもできるAI作曲アプリ(067p)
INSIDE REPORT
・映画賞 多様性と動画配信が存在感を高めたアカデミー賞候補作(068p)
・新作映画 ジブリ初のフル3DCG作品 『アーヤと魔女』 の可能性(069p)
・マンガ賞 恒例の 「マンガ大賞」 決定。若返ったノミネート作にも注目(070p)
・高校教育 芸能事務所が高校を相次ぎ開校。エンタ界の裾野拡大へ(071p)
アジアエンタNOW
・Netflixが韓国作品に約520億円を投資(072p)
櫻坂46 菅井友香 いつも凛々しく力強く
・2ndシングル 『BAN』 は、つらいことがあった時に背中を押すことができる楽曲(075p)
エンタ! 女子会
・ストアカ、gacco…オンライン習い事の最新事情は? (082p)
乃木坂46 3期生 梅澤美波の清楚系熱血派
・ 『シンクロニシティ』 のセンターでは、感情のメリハリをステージで感じたままに表現(083p)
日向坂46 ・ 二期生 渡邉美穂の今日も笑顔で全力疾走
・ようやくお客さんと同じ会場で歌える 2周年記念ライブ 「2回目のひな誕祭」 (084p)
エンタ! マンスリーセレクション
・今月の必聴&必見35作(085p)
・シム ・ ウンギョン 夢だった日本映画進出を加速 新作は大物写真家とのタッグ(086p)
・BLUE/ブルー ほか(088p)
・ブラック ・ ウィドウ ほか(089p)
・水原希子
脚本を読んだときから気持ちをつかまれた 「やりきった」 と言える自信はあります(090p)
・BTSの動画作品19タイトル dTVで独占配信がスタート ほか(091p)
・ドラゴン桜 ほか(092p)
・新しいカギ ほか(093p)
ばらえてぃびと
・きつね 歌謡漫才と 「KOUGU維新」 で快進撃(094p)
エンタ! マンスリーセレクション
・NiziU 『Take a picture/Poppin’Shakin’』 ほか(095p)
・ゴジラ S.P<シンギュラポイント> ほか(096p)
声優核心バイオグラフィー!
・林原めぐみ 声優アーティストの第一人者が語るアニメからの恩恵(097p)
エンタ! マンスリーセレクション
・川上和人 読んで楽しい、知ればもっと楽しい! 鳥類学者の知られざる冒険的日常(098p)
・夢で見たあの子のために 三部けい ほか(099p)
・NieR Replicant ver.1.22474487139... ほか(100p)
海外ドラマはやめられない!
・Superman and Lois ほか(101p)
浜辺美波 気ままに美波
・仲間と作る映画(102p)
新 ・ ももクロ61分3本勝負
・高城れに ライブの前に緊張しなかったのは初めてでした(104p)
堂本光一 エンタテイナーの条件
・ジャニーズのバカ力はどう養われている? (106p)
インタビュー
・川島 如恵留(Travis Japan/ジャニーズJr.)
その未来は、きっと来るから(108p)
・ジャニーズWEST 7色で紡ぐ7周年(114p)
・重岡大毅 このチームワークで作るものを大事に(116p)
・桐山照史 今、自信を持ってこの仕事を天職と言える(117p)
・中間淳太 できないことを正直に言ったらうまくいくように(118p)
・神山智洋 得た技術と知識はグループと後輩のために(119p)
・藤井流星 これまでとは違うライブを追求する機会(120p)
・濱田崇裕 自己流で磨いた歌声が新たな武器に(121p)
・小瀧 望 今は次の大事な5年を走り出している(122p)
・僕らに合うもう1つの路線をこれと決め、続けた結果(123p)
・綾野 剛 ラブストーリーって、1番難しい(126p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2021年4月2日
サイズ
0
原著者
日経エンタテインメント! 編