日経ヘルスケア2020年2月号

日経ヘルスケア 編   no. 364 2月10日発行

2,600円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月10日発行(年12冊)
24,200円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集1 “超”採用難時代を乗り越える
・“超”採用難時代を乗り越える(024p)
・有効求人倍率はついに4倍超に(026p)
・採用難に効く! 8の取り組み(030p)
特集2 見えてきた2021年度 介護保険制度改正
・ 「通いの場」 を拡充、軽度者の総合事業移行は見送りに(043p)
・ 「2040年へのレール」 を敷く制度改正に(044p)
・軽度者の総合事業移行に向けた 「布石」 も(046p)
特集3 広がる! 栄養士の活用
・入院から在宅まで食支援を充実(053p)
・低栄養への認識の深まりで注目 診療 ・ 介護報酬でも後押し(054p)
・将来を見据え様々な場面で食支援が徐々に浸透(057p)
医療 ・ 介護スタッフ賃金速報 2019年12月
・介護職(003p)
コンサルタント工藤高の病院経営最前線
・どうなる? 次回改定での看護必要度の見直し 認知症の入院患者が多い病院は大打撃か(008p)
実践! 新クリニック経営術
・インフルエンザの予防接種 2019/20は過去最多 看護師確保が最大のカギ(010p)
NEWS
・医師業務のタスクシフト、法令改正が必要な22項目を議論 ほか(012p)
介護ビジネスTOPICS
・アズパートナーズが埼玉 ・ 神奈川で介護付きホーム ICT活用で業務効率化、創出した時間で機能訓練を充実 ほか(015p)
コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!
・プラス改定だったのに収支が悪化! 人件費高騰の 「真の要因」 とは? (017p)
Special Report
・詳細固まる! 2020年度診療報酬改定
看護必要度は基準値決定、地ケア病棟入院料は大病院規制が鮮明に(020p)
医療 ・ 介護経営者のための人事 ・ 労務入門
・インフルエンザ罹患の職員が出勤を図る 黙認した上司は 「人手不足で仕方ない」 と主張
処分を検討する前に感染症罹患時のルールを明示(075p)
たんぽぽ先生の失敗に学ぶ在宅医療マネジメント塾
・問題の多そうな患者を紹介されました…(079p)
院長力を磨く! 診療所経営駆け込み寺
・待ち時間対策など他院の活動を取り入れたい うまく定着させるにはどうすれば? (082p)
病医院トラブル110番日記
・大手検索サイトの書き込みに多数の低評価 軽く見る診療所院長に事態の深刻さを助言(084p)
医療職の心をつかむビジネスの“お作法”
・医療機器 ・ 医薬品の販売を左右する医師の存在 どうやってアプローチすればいい? (086p)
HOW TO 医療職の働き方改革
・B、C水準指定の大枠がほぼ決定 指定までの基本的な流れを整理
厚労省 「医師の働き方改革推進検討会」 が一定の方向性(088p)
介護人材 採用+定着のツボ
・特定加算と処遇改善加算、2月末の申請では様式統合に注意(094p)
介護現場 再生の秘訣
・入居者の状態に応じた居室フロアの施設 運営体制に混乱生じてクレーム発生(098p)
失敗しない 介護ロボット活用術
・入浴介助支援機器 入浴にも効率化の余地はある(100p)
介護トラブル 炎上させないクレーム対応
・骨折は職員の乱暴な介護のせい(103p)
情報パック
・軽量で防塵 ・ 防水性能のあるホルター心電計 ほか(108p)
読者の声
・(112p)
編集部から
・(113p)
はりきり院長夫人の七転び八起き
・働き方改革は誰のため? 雇用者側には展望なし! (114p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年2月10日
サイズ
0
原著者
日経ヘルスケア 編