日経アーキテクチュア2014年7月25日号

日経アーキテクチュア 編  no. 1028 7月25日発行

1,450円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

  • 特集 落ちない外壁タイル
    • 落ちない外壁タイル 設計 ・ 施工責任の重大化で 「接着剤」 に脚光(034p)
    • 落下リスクで膨らむ法的責任と経済負担 初期段階でのリスク排除が最も経済的(036p)
    • 材工費3割増でも広がる接着剤張り 標準仕様に取り込む大手建設会社(040p)
    • 新築時の工事監理で危険因子を徹底排除 7つのチェックポイントを押さえる(046p)

  • News クローズアップ
    • 検査済み証がなくても増改築しやすく 既存ストック活用へ国交省が調査指針(006p)

  • News 時事
    • 五輪施設にデザインビルド 基本設計の受注者は実施設計を受注できない(008p)
    • 丹下建築の耐震改修を断念 香川県立体育館が3回の入札不調で9月閉館(009p)
    • 釜石市が入札不調対策でコスト管理委託 実施設計段階で 「施工予定者」 も決定(010p)
    • 外国人の技能労働受け入れで告示案 「日本人と同等額以上の報酬を」 と国交省(011p)
    • 住宅瑕疵担保履行制度を見直しへ 国交省が中古 ・ リフォーム市場での活用を視野に(012p)
    • 地震保険料が全国平均で15.5%値上げ ほか(013p)

  • News プロジェクト
    • 炭素繊維ロッドで軽やかに耐震補強 小松精練の旧本社の改修を隈氏が設計(014p)
    • 東京駅丸の内側に大広場 歩行空間を広げイベント開催も可能に(015p)

  • News 技術
    • 外構部の液状化対策費を4割減 表層処理と地中の砕石杭圧入をセットで(016p)
    • 全面打診の報告書を調査翌日に作成 タイルの劣化状況と位置情報を統合して自動出力(017p)

  • 人を動かすプレゼン 青木茂氏
    • 先回りの提案で事業者の不安解消(028p)

  • フォーカス[建築]
    • 九州大学椎木講堂(福岡市) 異例の半円形ホール 音響実験と可動壁で実現(054p)
    • 江の島湘南港ヨットハウス(神奈川県藤沢市) オープンビームで波打つ屋根を浮かす(062p)

  • フォーカス[住宅]
    • 平成の京町家 東山八坂通(京都市) 京都の街並みになじむ省エネ住宅(072p)

  • 建築巡礼 特別編 ・ 昭和
    • 旧 ・ 江の島ヨットハーバークラブハウス セーラーが発想した形(078p)

  • 発注者目線の仕事術
    • 4段階のコスト精査で施工者と対等に価格折衝(084p)

  • すぐ役立つ判例解説
    • 行政のミスで確認取り消し 損害賠償は認められるか(087p)

  • ひび割れトラブル完全克服法
    • 目地なしでもひび割れなし 無収縮コンクリートの威力(090p)

  • 新製品
    • スマートコンロ、グリレ、フェイシス ほか(094p)

  • 読者から/編集部から
    • 読者から 理解しやすかった木造特集 ほか(097p)

    連載講座のうち、 「設計事務所の育て方」 「品質トラブルに学ぶ」 「知らないと損する! 資産活用術」 は毎月10日号に掲載します

    商品詳細

    発行元
    日経BP社
    発行日
    2014年7月25日
    サイズ
    *
    原著者
    日経アーキテクチュア