日経アーキテクチュア2018年3月22日号

日経アーキテクチュア 編  no. 1116 3月22日発行

1,680円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
23,300円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

  • 特集 プラン研究 縮小時代の 「開き方」
    • プラン研究 縮小時代の 「開き方」 間取りや窓まわりで街との“距離”を自在に(044p)
    • 五本木の集合住宅 脱 ・ 居住専用住宅で気軽な相互扶助を促す(046p)
    • LT城西2 凹凸ある雁行配置でシェア住居を街と連続(053p)
    • house I/atelier I 前面に住宅用サッシ連ね 倉庫と階段を緩衝帯に(058p)
    • 既存建物をどう生かす? 中古ビルを改修し近隣との接点(065p)
    • 省エネ重視で街との関係はどう変わる? 環境配慮が新たなプランを生む(066p)

  • News クローズアップ
    • 石上純也氏が反論 設計契約解除の真相 尾道市展望台のリニューアル計画が白紙に(006p)

  • News 時事
    • 建基法改正案、大規模火災対策を強化 建蔽率緩和で準防火地域での建て替え促進(010p)
    • 地下鉄なんば駅で天井落下事故 管理体制の複雑さで残った半世紀前の石こうボード(012p)
    • プリツカー賞、初のインド出身建築家に
      ル ・ コルビュジエの弟子、バルクリシュナ ・ ドーシ氏が受賞(013p)

  • News 技術
    • 巨大地震の隠れた被害探る実大実験 建築研究所が杭含む下部構造の壊れ方を再現(014p)

  • News 講座 お任せ! 法令改正
    • 寄宿舎、民泊の規制緩和が住宅ストックの活用を後押し(030p)

  • フォーカス[建築]
    • 釜石市民ホールTETTO(岩手県釜石市)
      ホール貫く平土間空間 大屋根下の広場と一体に(036p)

  • 特別リポート
    • 聞かせて! 「CLT」 の使い勝手 片持ち、一体構造など 「強さ」 の生かし方に幅(074p)

  • トピックス
    • 平昌、仮設競技場の教訓 五輪スタジアムに欠けていた 「攻め」 の視点(084p)

  • 私の駆け出し時代
    • 北山恒氏 architectureWORKSHOP代表、法政大学教授
      バブル経済にのまれた結成の初心(090p)

  • 即効! 設計サブノート 照明編
    • 色温度が印象を左右 照度や波長成分も考慮(094p)

  • トピックス
    • データで見る東京大改造 中心地 「港区」 の開発が急伸、多様な生活像描く(096p)

  • 新製品
    • 充電式全ネジカッタSC102D(108p)

  • 建築日和
    • 太陽の塔、内部公開スタート! (110p)

  • 読者から/編集部から
    • 省エネRC造住宅の情報求む(111p)

    商品詳細

    発行元
    日経BP社
    発行日
    2018年3月22日
    サイズ
    *
    原著者
    日経アーキテクチュア