日経アーキテクチュア2019年7月11日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1147 7月11日発行

1,834円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 ポスト平成の旗手たち 前編
・ポスト平成の旗手たち 前編 「デザイン」 を問い直すロスジェネ以降の9人(046p)
・ 「時間」 を巧みにコントロール 石上純也氏の発想法
家具や景観も 「建築」 として解く つくりやすさも考えて実現(048p)
・田根剛氏の発想法 場所の記憶に 「時間」 を加味 新しさより 「未来への継承」 を重視(051p)
・仕組みづくりで課題を解決(054p)
・都市開発をデザイン 相浦 みどり PLPアーキテクチュア取締役
「Z世代」 の行動特性を読み 変化に適応可能な都市を描く(056p)
・公共施設の再編をデザイン 田畑 耕太郎 住田町建設課技師
あえて小自治体の前線で 「良き前例」 をつくり続ける(057p)
・地域づくりをデザイン 天野 裕 NPO法人岡崎まち育てセンター ・ りた事務局長
住民を公共サービスの担い手に 地域資源の川辺ににぎわい(058p)
・地方の課題解決をデザイン 山中 大介 ヤマガタデザイン代表取締役
水田に浮かぶホテルを皮切りに 持続 ・ 自走する地域の実現へ(059p)
・チームワークをデザイン 永山 祐子 永山祐子建築設計主宰
巨大プロジェクトの 「顔」 つくる 協調重視の名コラボレーター(060p)
・シーズをデザイン 各務 太郎 SEN共同創業者
茶室型ホテルを自ら設計 広告代理店を経て再び都市へ(062p)
・デジタル活用をデザイン 竹中 司 アンズスタジオ代表、アットロボティクス代表
デジタル駆使し設計者を支援 ロボットで複雑な形状も(063p)
News クローズアップ
・山形県沖地震 屋根瓦の落下が多発、震度と被害のズレの指摘も(006p)
・免震建物では地震直後に業務再開(011p)
・型式認定違反生んだ集団誤信 大和ハウス工業の不適切物件は3975棟に倍増(014p)
News 時事
・レオパレス、他社施工766棟でも不備 外部調査委員会が追加調査で中間報告(017p)
・中学校校舎で日影規制違反が発覚 設計時に建物高さを約2.5m誤って入力(018p)
・生活困窮者向け施設に最低基準 「貧困ビジネス」 排除へ厚労省が省令案(020p)
・令和の 「大嘗宮」 を清水建設が落札
天皇代替わりの舞台、落札率62%で低入調査の末に契約(021p)
News 世界
・石上純也氏のサーペンタインパビリオン 106本の柱で石の屋根を浮かす(022p)
News プロジェクト
・新生 「渋谷PARCO」 が11月下旬に開業
214億円投じる旗艦店、 「立体街路」 で街と融合(023p)
News 技術
・世界初の竜巻実験装置 風に乗った竜巻も再現可能、大林組が技研に導入(024p)
・AIで建築設備が 「成長」 する 竹中工務店とHEROZが開発、空調や照明を自動制御(025p)
建築訴訟 「ここが知りたい」
・模倣デザインの建物が使用禁止に 「コメダ珈琲店」 巡る紛争が意匠法の改正へ発展(026p)
フォーカス[建築]
・カンダホールディングス本社(東京都千代田区) 無数の穴で西向きを克服(032p)
フォーカス[ランドスケープ]
・ボタニカルガーデンアートビオトープ 「水庭」 (栃木県那須町)
移植樹林に160の池巡らす(040p)
建築巡礼
・リーガロイヤルホテル(ロイヤルホテル) (1965年、73年)
自由自在の東西 「配合」 (064p)
「会計的思考」 のススメ
・会計感覚を磨き、苦手意識を消し去る(068p)
新製品
・外壁材 101ClassArtStone(101クラスアートストーン) (076p)
建築日和
・建築の解体? 石上純也ワールド(078p)
読者から/編集部から
・カオスのような石上事務所(079p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年7月11日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編