日経アーキテクチュア2019年11月14日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1155 11月14日発行

1,800円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
26,200円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集 台風19号 首都水没への警告
・台風19号 首都水没への警告 タワマンから美術館まで、地下空間の脆弱さが露呈(008p)
・地図で見る台風19号被害 浸水被害は7万棟を超える(010p)
・巨大都市の弱点 多摩川氾濫、タワマン機能不全(012p)
・被災地ルポ 被害甚大な阿武隈川流域を歩く(018p)
・土砂災害の死角 「緩い傾斜」 の斜面が崩壊(024p)
・竜巻の猛威 「JEF2」 の竜巻で小屋組み飛散(026p)
・台風19号の教訓 浸水しても大丈夫な都市に(028p)
News 時事
・首里城火災、正殿などが焼失 未明の出火で復元の主要7棟に被害(030p)
・木造も保証期間は 「原則2年」 に 建設工事標準請負契約約款の改正作業が大詰め(031p)
・建築物省エネ法が一部施行 戸建て住宅の簡易な評価方法など新基準(032p)
・大成建設と日本MSが施設運用で協業 AIやIoTを活用、被災建物の健全性把握など(034p)
News 技術
・梁せいを小さくして開放的な室内に 高強度材料の使用や免震構造との組み合わせで実現(035p)
・照明検査ロボで人手も時間も8割減 鹿島が開発、オフィスの全現場への導入目指す(036p)
News 世界
・廃棄物発電施設の屋根を滑走 屋上にスキーコース、デンマークのコペンハーゲンに誕生(037p)
建築訴訟 「ここが知りたい」
・木造戸建てでも 「杭が必要」 軟弱地盤での不同沈下で住宅供給者の責任認める(038p)
フォーカス[建築]
・The Okura Tokyo(オークラ東京) (東京都港区)
保存を超えた再現ロビー(052p)
・谷口吉郎 ・ 吉生記念金沢建築館(金沢市) ガラスと石の 「箱」 で街に刺激(066p)
トピックス
・谷口吉生、普遍性の先 “正道”が問い掛ける建築の課題と光(076p)
フォーカス[住宅]
・滝山の住居(兵庫県川西市) 3層をずらし崖地を生かす(082p)
新 ・ エコハウスのウソ
・最新家電ならどれでも省エネ? (088p)
新製品
・屋根工法 通気断熱屋根改修(092p)
建築日和
・今も水族館建築の最高峰? (096p)
読者から/編集部から
・若手育成に役立つ記事を望む(097p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年11月14日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編