日経アーキテクチュア2020年4月23日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1166 4月23日発行

1,800円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集 免震ダンパー供給途絶の波紋
・免震ダンパー 供給途絶の波紋 熊本地震4年、復興に立ちはだかる難題(020p)
・日立AMS事業撤退で混乱(021p)
・日立AMS事業撤退の影響 調達先がない状況に陥る(026p)
・住宅復興を阻む 「合意形成」 マンション解体の険しい現実
市が新制度を創設して継続支援(028p)
・ようやく動き出した液状化防止策 地権者8割の同意を得る(030p)
・地震惨禍から日常への道程(031p)
・被害をリアルに想定し対策急げ レジリエンス性能とBCP指標
復旧までの日数に応じて★でランク付け(034p)
・非構造部材の耐震診断指針 耐震性能と劣化、危険度から総合判定(038p)
・エレベーターの閉じ込め対策 リスタート運転機能の普及を(041p)
・大地震後も機能継続 国が防災拠点のガイドラインを示す(042p)
News クローズアップ
・清水でコロナ死者、現場閉所へ 緊急事態宣言の終了まで、対象区域内の全現場で(005p)
News 時事
・国交省がBIM活用ガイドラインを公開
維持管理BIMの新業務 「ライフサイクルコンサルティング」 (008p)
・設計者の働き方改革に配慮を、国交省指針 設計の手戻り防止策などを発注者向けに解説(009p)
・外国人の労災、背景に言葉の壁 安全衛生教育に課題、建災防が実態調査(010p)
News 技術
・建築確認にBIM使い審査期間を半減へ
清水建設と日本建築センターが自動判定システムを開発(012p)
・酸素と電気を生み出す 「光合成建築」 植物 ・ 生物由来で循環型社会を目指す(013p)
News プロジェクト
・東京 ・ 豊洲に初の 「都市型道の駅」 スマートシティー構想のデジタルツイン構築(014p)
・国内初の高層木造ハイブリッドホテル着工
上部3層で壁倍率最大25.5程度の高耐力木造壁を採用(015p)
トピックス
・ 「蔦屋書店」 が意匠登録出願 改正意匠法の施行で店舗模倣は防げるか(044p)
フォーカス[建築]
・松原市民松原図書館(大阪府松原市) 古墳のように池に浮かぶ(050p)
フォーカス[住宅]
・プラウド上原フォレスト(東京都渋谷区) 既存改修と増築で新旧一体(060p)
建築巡礼
・ブラジリア(1960年~) ニーマイヤーを追いブラジルへ(066p)
新 ・ 武藤聖一の欧州 「最新建築」 撮り歩記
・シルバーの筒状駅舎 高速道路と線路またぐ デンマーク ・ ケーエ Koge NORD STATION(070p)
漏れないディテール
・赤松佳珠子氏、大村真也氏 ともにシーラカンスアンドアソシエイツ(CAt)パートナー
パズルのように雨水の流れを解く(074p)
ちょい読み 建築デジカツ最前線
・BIM推進で鉄骨梁の穴を共通化(090p)
新製品
・洗面台 ラバトリーフィット(092p)
読者から/編集部から
・図面から見える設計力の低下(095p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年4月23日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編