日経アーキテクチュア2020年11月12日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1179 11月12日発行

1,800円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 法令違反の代償
・法令違反の代償 それでも不正に手を染めますか? (028p)
・確認済み証偽造で損害2億円超 開き直る 「設計者」 に怒り心頭(030p)
・本誌が報じた建築界の不祥事 免震偽装に施工不備、噴出するコンプラ問題(034p)
・ベルヴィ香椎六番館 JR九州などが杭未達で謝罪 全戸買い取りなら約16億円(036p)
・パークシティLaLa横浜 建て替え関連費用509億円 施工者が責任の押し付け合い(039p)
・レオパレス21 118億円の債務超過に転落 「前言撤回」 連発で信用失墜(040p)
・不正の温床 「企業風土」 の変革を デジタル技術の活用も(042p)
News クローズアップ
・浮かせて守る耐水害住宅 一条工務店と防災科研が実大実験、浸水3mを想定(007p)
News 時事
・横矢板下端から土砂流出、作業員が死亡
現場はJR横浜駅付近の再開発事業、大林組が謝罪(010p)
・“鹿島 ・ 竹中連合”に清水建設が参加 建設ロボットの開発などで連携(011p)
・廃棄物残置、前田建設工業が発注者を提訴 対策費を巡って日本航空学園との溝が深まる(012p)
・内装の意匠登録、初弾は蔦屋書店とくら寿司
特許庁が公報、4月施行の改正意匠法で初の登録(013p)
・日建設計の新社長に大松取締役、初の都市部門出身(014p)
News 技術
・街を襲う津波を短時間でリアルな映像に 解析結果を自動変換で可視化、大成建設が開発(015p)
News プロジェクト
・隈研吾氏の内装で巨大 「庭園」 持つホテル
様々なニーズに開かれたロビーを高層階に設置(016p)
・九大箱崎キャンパス跡にスマートシティー 福岡市 ・ 九州大学 ・ URが民間の提案を公募(017p)
建築訴訟 「ここが知りたい」
・スロープ崩落原因は 「設計3社の過失」
コストコ事故民事訴訟で約7億円の賠償命令、東京地裁(018p)
フォーカス[建築]
・MIYASHITA PARK(東京都渋谷区) 渋谷で空中公園と商業融合(046p)
・民族共生象徴空間(ウポポイ) (北海道白老町) 湖畔にアイヌ文化伝える施設(058p)
フォーカス[住宅]
・下落合の住宅(東京都新宿区) RC造住宅を開放的にリノベ(068p)
火災に負けない木の現し術
・魚津市立星の杜小学校 全国初の木造3階建て小学校(074p)
建築巡礼
・岩崎美術館(1979年) 南国の理想的なヴィラ(078p)
新製品
・ボックス プライベート用ボックス(086p)
読者から/編集部から
・コロナ禍での人材育成(089p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年11月12日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編