日経ビジネス2019年12月16日号

日経ビジネス 編   no. 2021 12月16日発行

710円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎週月曜日発行(年50冊)
26,000円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない
・令和 元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(032p)
・“王道”の謝罪会見にリスク満載 謝罪の流儀、刷新の時 従来の常識、通用せず(034p)
・かんぽ、吉本、関電 ・ ・ ・ ・ ・ ・ あの事件の謝罪会見は? 世間との“温度差” 読み違えがあだとなる(038p)
・準備不足もリアルタイムで可視化される 増える会見の生配信 問われる企業の対応(046p)
・心理学からみる 「謝罪とは何か」 謝罪から 「深い謝罪」 へ ハードルは高まる一方(050p)
有訓無訓
・人間と技術の調和は日本が世界に誇る特長 SDGsを好機に 毛利 衛 日本科学未来館館長 宇宙飛行士(005p)
今週の名言/編集長の視点
・今週の名言(007p)
ニュースを突く 小売業
・渋谷パルコはリアル店舗の未来像か(012p)
時事深層
・INSIDE STORY
日野自動車、自ら物流事業 MaaS時代の 「売らない」 稼ぎ方(014p)
・POLICY 事業規模26兆円の経済対策決定 政府 ・ 与党、大盤振る舞いの内情(016p)
・COMPANY スマホ世界4位、小米が日本上陸 携帯各社、測りかねる距離感(018p)
・INDUSTRY ANA、JALが航空運賃の方針転換 変動制に翻弄される旅行大手(019p)
・INDUSTRY セール依存、苦悩するアパレル 「ひそかに」 進める在庫処分(020p)
・INDUSTRY 未婚率上昇が広げる市場 一人旅人気、 「おじさん」 が牽引役(022p)
・INDUSTRY
ソフトバンクがオンライン健康相談事業 遠隔医療時代の幕は上がるか(024p)
・FRONTLINE イオンを救う英オカドの野望(026p)
・グローバルウォッチ ミサイル実験再開した北朝鮮に警告(028p)
スペシャルリポート
・ウーバーイーツに映る日本の将来図 ネット時代の働き方を問う 「雇われない社会」 の胎動(058p)
ケーススタディー 人材戦略
・東京エレクトロン(半導体製造装置) 世界で戦う人材の作り方(064p)
連載小説 Exit
・第11回 「木を見て森を見ず」 (074p)
フロントランナー 創造の現場
・souco(物流倉庫のマッチングサービス) 倉庫も住宅のように検索(080p)
テクノトレンド
・コストを抑えながら生産性向上 最新工場の 「安い自動化」 (082p)
編集長インタビュー
・[コンコルディア ・ フィナンシャルグループ社長] 川村健一氏
銀行三重苦を乗り越える(092p)
敗軍の将、兵を語る
・韓国とのチャーター便、中止 清水寛之氏 [島根県観光振興課長](096p)
世界の最新経営論 IMD流 デジタル改革
・経営幹部の意識改革 視察でビジネスクラスに乗るな(100p)
新社長初心表明
・安渕 聖司 アクサ生命保険社長兼CEO 人と人をつなぎ合わせるのが強み(102p)
小田嶋隆の 「pie in the sky」 ~絵に描いた餅ベーション
・一人の日本人がなしえたこと(103p)
NIKKEI BUSINESS CULTURE [BOOK]
・痴漢に対するゆがんだ認識を解く(104p)
世界鳥瞰
・フィナンシャル ・ タイムズ 脆弱さを露呈したダイヤ供給網(114p)
・エコノミスト 国連を“操り”たい中国の深謀(116p)
・エコノミスト 矛盾だらけのトランプ関税政策(118p)
往復書簡
・ホンダは輝きを取り戻せるか 「特集 跳べ! ホンダ」 (12/2号) (125p)
賢人の警鐘
・ 「技術は発展していても生産性向上は緩慢。人的資本の配置が鍵だ」 英エコノミスト誌 元編集長 ビル ・ エモット(126p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年12月16日
サイズ
0
原著者
日経ビジネス 編