ナショナル ジオグラフィック日本版2020年11月号

ナショナル ジオグラフィック日本版 編   no. 308 10月30日発行

1,210円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月30日発行(年12冊)
11,000円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

【特集】
まるごと一冊 新型コロナウイルス
緊急取材
・逼迫の医療現場:ベルギー
新型コロナウイルス感染者をケアする医療従事者は疲れ果て、恐怖を口にするが、自分がやるしかないとわかっている。
・一変する暮らし:インドネシア
パンデミックで街から人の姿が消えたが、宗教的な祝日や食料の配布といった大切なもののために、人々は外へ出た。
・都市封鎖の傷痕:ヨルダン
ヨルダンにいる大量の難民に次々と苦難が降り掛かる。大部分が感染は免れたが、失業や困窮からは逃れられない。
・貧困地区の危機:ケニア
首都ナイロビのスラム街では、数十万人が密集して暮らす。ウイルスから身を守るため、住人たちが立ち上がった。
・偏った命の重さ:米国
深刻な打撃を受けた全米の3都市で、新型コロナウイルス感染症や合併症によって家族を失った人々を記録した。
エッセイ
・それでも科学を信じる
未知のウイルスと闘うために試行錯誤をする科学者たち。見ていて不安を覚えることもあるが、これが唯一の方法だ。
・地球を守るチャンスに
パンデミック以前の社会に戻らないという覚悟ができれば、地球をこれ以上痛めつけず、気候崩壊は防げるかもしれない。
・パンデミックで試される人間性
当たり前だった日常は一変した。ウイルスが浮き彫りにした社会における格差を是正し、弱い立場の人を守る必要がある。
データシート
・コロナ禍で広がる世界の貧困
21日1.90ドル未満で暮らす極度の貧困層が2020年末までに約1億人増えると予測される。来年はさらに増加しかねない。
【コラム】
・PROOF 世界を見る「ウィズ・コロナの日常」
誕生から死まで、私たちの生き方はすっかり変わってしまった。
・イントロダクション「パンデミックの先に」
・データシート「最初の100日」
・エッセイ「同世代の若者との手紙」
・未来を解読する「ウイルスとワクチン」
・撮っておきの1枚「観客席の植物たち」
・読者の声
・テレビでナショジオ
・次号予告
・日本の百年「文化継承の壁」
・今月の表紙:ベルギー西部のラ・ルビエールの病院で治療を受けていた69歳の新型コロナウイルス感染者の胸部と肺のCTスキャン映像。

商品詳細

発行元
日経ナショナルジオグラフィック社
発行日
2020年10月30日
サイズ
0
原著者
ナショナル ジオグラフィック日本版 編