日経メディカル2011年3月号

日経メディカル 編  no. 520 3月10日発行

823円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月10日発行(年12冊)
8,400円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

  • 特集 脳梗塞を防ぐ、治す
    • (054p)
    • 脳梗塞の予防と治療が大きく変わろうとしている。脳梗塞の “前触れ” である一過性悩虚血発作 (TIA) を拾い上げることが、かかりつけ医の重要な役割となってきた。また、半世紀ぶりの新規抗凝固薬ダビガトランが登場。抗凝固療法がかかりつけ医にも身近な治療になりそうだ。

  • トレンドビュー
    • 麻疹の誤診にご用心! (028p)
    • 乳幼児の風邪薬使用に警鐘(030p)
    • SpO2測定に落とし穴(034p)
    • 3年目迎えた産科補償制度(038p)

  • 寄稿
    • フランスの終末期医療事情 菊地広子 [フリーライター (パリ在住) ] (040p)

  • ニュース
    • 「ダーゼン」 自主回収が決定、後発品も ペラミビル投与例から耐性株 ほか(046p)

  • ニュース追跡
    • 再生医療学会が注意喚起(050p)

  • 行政ウォッチ
    • 介護職員の医行為 “解禁” へ(049p)

  • 今月のキーワード
    • NCD (027p)

  • プラクティカル講座
    • 分子標的薬時代の副作用対策 (第2回) 特有の皮膚症状とその対処法
      山崎直也 (国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科) (071p)

  • 日常診療のピットフォール
    • 55歳、男性。2年前から続く両足の痛み (筑波大 ・ 筑波メディカルセンター病院合同総合診療科カンファレンス) (100p)

  • 臨床セミナー
    • 急性腹症でERを受診した39歳女性 (港区医師会 ・ 東京都済生会中央病院 画像診断の会) (095p)

  • 日経メディクイズ
    • 胸部/皮膚/腹部エコー/小児/心電図/医学統計(079p)

  • 医薬情報室
    • インターフェロン治療による糖尿病の発症 村井直樹 (新小文字病院内科) (119p)

  • 論文ピックアップ
    • 世界各国で増え続ける肥満 男性はBMIが10年で0.4増加(112p)

  • 感染症情報
    • インフルエンザがピーク超える(111p)

  • 医療訴訟の 「そこが知りたい」
    • 病院が診療録の開示を拒否 患者の利益を侵害したと認定 蒔田 覚 (弁護士) (127p)

  • 著者に聞く
    • 『パーフェクト総合診療医 1 原因不明の胸痛診断ガイドブック』 内藤俊夫 (順天堂大総合診療科准教授) (137p)

  • この人に聞く
    • 佐藤一樹 東京女子医大が 「衷心から謝罪」 10年に及ぶ長い闘いに区切り(152p)

  • 医師のための 実践! マネジメント ・ コーチング
    • 褒めても反応が鈍い中堅医師 畑埜義雄 (和歌山県立医大教授) (154p)

  • 私の秘密兵器
    • 胃石を軟化して 破砕 ・ 除去可能に 前川 透 (神戸百年記念病院消化器内科) (156p)

    • 日経メディカル オンライン ダイジェスト(023p)
    • 新刊(138p)
    • 新製品(130p)
    • カレンダー(114p)
    • スクラップ(051p)
    • 読者から(149p)
    • 編集部から(150p)

    商品詳細

    発行元
    日経BP社
    発行日
    2011年3月10日
    サイズ
    *
    原著者
    日経メディカル