日経メディカル2018年10月号

日経メディカル 編  no. 611 10月10日発行

856円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月10日発行(年12冊)
8,560円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集1 波紋広がる東京医大の入試不正事件
・波紋広がる東京医大の入試不正事件(028p)
・東京医大に関連した主な不祥事 入試不正が発覚するまで(030p)
・入試不正はなぜ起こったのか(032p)
・東京医大問題 中を知る私はこう見る(036p)
・東京医大の卒業生 107人に聞きました(038p)
・入試不正に関わる諸問題、整理してみました(040p)
・東京医大より女性合格率が低い大学はどこだ? (042p)
・東京医大問題 女性医師増は医療を救うのか? (044p)
・私立大卒医師匿名座談会 他大学卒の医師は今回の事件をどう評価する? (046p)
・女性 ・ 多浪生差別は働き方改革で解決するか? (050p)
特集2 Unmet Medical Needsへの挑戦 2018-2019
・Unmet Medical Needsへの挑戦 2018-2019(081p)
・新規抗体医薬 「デュピルマブ」 の実力は? 成人の重症アトピーが抗体医薬で劇的に改善(082p)
・ファブリー病に新機序の治療薬登場 異常酵素の折りたたみを修正するシャペロン療法(084p)
・5年生存率がずばぬけて低い 「膵癌」
増える化学療法の選択肢 上手な使い分けが課題に(086p)
医師1000人に聞く
・許せない? 必要悪? 入試不正 入学時の母校不正16%が 「あった」 (005p)
オンライン ピックアップ
・今月の注目記事 谷口恭の 「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 乳腺外科医の冤罪はなぜ晴れないのか(009p)
リポート1
・基準値は下げず早期の積極介入を強調
「高血圧治療ガイドライン2019」 の骨子明らかに(010p)
リポート2
・その便秘薬処方、間違っていませんか
グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬の使い方は? (012p)
リポート3
・見せかけの薬剤抵抗性てんかんとは 『てんかん診療ガイドライン2018』 を読み解く(016p)
リポート4
・病医院サイトが広告規制対象に ネットパトロールで是正を勧告された診療所も(018p)
リポート5
・甲状腺検査で 「治せる認知症」 を探せ
実施率は33%のみ、治療の遅れで認知機能低下が不可逆に(022p)
トピックス
・臨床研修マッチング中間結果
東京大が5年ぶりに大学トップ 市中病院は虎の門病院が首位に(025p)
ニュース追跡
・準強制わいせつ容疑の乳腺外科医 争点はDNA鑑定と術後せん妄(027p)
感染症情報 2018年第37週(9月10~16日)まで
・RSウイルス感染症の増加が続く A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は微増傾向(063p)
MEDI QUIZ
・心電図 59歳男性。胸部圧迫感(065p)
・胸部X線 26歳女性。発熱、倦怠感(067p)
・皮膚 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面(069p)
・救急 66歳男性。5日前から続く息切れ(071p)
・小児 13歳男児。運動後の全身性蕁麻疹、呼気性喘鳴(073p)
カンファで学ぶ臨床推論
・40歳代女性。後頸部痛(097p)
今さら聞けない 「画像診断のキホン」 肺エコー編
・エコーは肺の“密度計”(101p)
判例に学ぶ医療トラブル回避術
・糖尿病患者が低血糖発作 処方、予防の過失を否定(104p)
話題の新薬
・デュルバルマブ イミフィンジ点滴静注120mg、500mg(製造販売元:アストラゼネカ)
ステージ3の非小細胞肺癌に対する日本初の抗PD-L1抗体(107p)
新刊
・プライマリ ・ ケア医のための内科治療薬使い分けマニュアル(109p)
編集部から
・(112p)
医療経営
・患者情報が漏れる受付に院長が講じた一手(113p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年10月10日
サイズ
*
原著者
日経メディカル