日経NETWORK2018年5月号

日経NETWORK 編  no. 217 4月28日発行

1,920円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月28日発行(年12冊)
17,500円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集1 インターネットができるまで
・インターネットができるまで(024p)
・プロローグ たった4拠点から始まった(026p)
・TCP/IP データを小包に分けて送る(030p)
・IPアドレス みんなが自分だけの住所を持つ(033p)
・ルーティング 事故が起こったら道順を変える(036p)
・DNS 通信相手を名前で指定する(038p)
・Web 世界中で情報を共有する(040p)
特集2 ネット管理者にお薦めのスマホアプリ
・ネット管理者にお薦めのスマホアプリ 15種類の便利ツールを一挙紹介(050p)
ビギナーズクエスチョン
・スイッチのポート数はどうして8の倍数なの? (006p)
いまさら聞けない 定番技術
・情報処理安全確保支援士 サイバーセキュリティに関する初の国家資格(008p)
イラストで学ぶ無線LANのき ・ ほ ・ ん
・サービスを攻撃者から守る(014p)
piyokangoの月刊セキュリティ
・サポート終了の無線LANルーター 深刻な欠陥が見つかっても修正されず(016p)
NEWS close-up
・ルーターの設定を書き換える攻撃が相次ぐ
ウイルスサイトに勝手に誘導される セキュリティ設定の不備が原因か(018p)
・パッチがないソフトウエアの脆弱性を公開
脆弱性情報サイトが使用中止を呼びかけ 開発者と連絡が取れないため異例の対応(019p)
・4割の大企業がビジネスメール詐欺にだまされる
数千万円の被害に遭った企業も 詐欺メールの受信は6割以上(020p)
・進まぬ企業のWindows 10移行
Windows 7のサポート終了まで2年切る 2017年末で10への移行済みは3割(021p)
NEWS pickup&digest
・打倒LINEの新サービス 「+メッセージ」 携帯3社が5月9日に提供開始(022p)
・3/14-4/13
フォーティネットがAI活用のセキュリティ脅威情報サービスを提供(023p)
特別レポート
・仮想通貨を不正に採掘するウイルス 実際に感染して挙動を解析(060p)
インター博士とネット君のスッキリわかる! ネットワーク技術解説
・認証って何ですか? (064p)
当事者が語る! トラブルからの脱出
・[今回の犯人] UTM 複合機が通信できない UTMのNAT処理で遅延発生(074p)
LANからクラウドまで ネットワークなんでも実験室
・複数のIoT端末から情報収集できない理由を調査せよ! (080p)
ネットワーク構築のツボ
・スイッチ スイッチの運用管理にAPIを活用する(086p)
それってどういう意味? ネコでもわかるセキュリティ用語
・ウイルスが脅迫するってどういうこと? (090p)
MVNOの舞台裏
・MVNOのネットワーク レイヤー2接続で独自のサービスが可能に(094p)
今号の確認テスト
・(099p)
スクエア
・読者のひろば(100p)
辻伸弘の 裏読みセキュリティ事件簿
・ランサムウエア感染から4日で復旧 素早い判断で被害を最小限に(102p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年4月28日
サイズ
*
原著者
日経NETWORK