日経SYSTEMS2017年4月号

日経SYSTEMS 編  no. 288 3月26日発行

1,920円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月26日発行(年12冊)
17,500円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

  • 特集1 巻き込む力
    • 巻き込む力 ステークホルダーエンゲージメント(022p)
    • 巻き込めなければプロジェクトは失敗
      無関心のステークホルダー 役割の明確化が道を拓く(024p)
    • リーダー10人の巻き込む技 関係者は多様化 ・ 急増 三つの課題を解決せよ(027p)
    • PMBOKガイドに見るステークホルダーエンゲージメント
      権力と関心度で分類 抵抗者を支持者に変える(037p)

  • 特集2 スルーできない 「個人情報保護法」 改正
    • スルーできない 「個人情報保護法」 改正(042p)

  • 特集3 手ごたえありのチーム活性化術 鍵は 「ミドルアップダウン」
    • 手ごたえありのチーム活性化術 鍵は 「ミドルアップダウン」 (050p)

  • ユーザーPMの視点 プロジェクトの要諦
    • 谷川 裕史氏 パイオニア 商品統括部 情報サービスプラットフォームセンター 開発部 開発1課 課長
      本番プロジェクト前の技術検証が山場(006p)

  • ユーザーITの破壊と再生
    • 新技術に振り回されない組織を作る(007p)

  • それって丸投げ? ユーザー責任を斬る
    • 情報システム部門はAIの担当になれるか? (008p)

  • 無理筋の提案を通す最も大切なポイント プレゼンス
    • 誰が言うかは、何を言うか以上に物を言う(009p)

  • 世界を股に掛けるITアーキテクト紀行
    • 変化が前提のシステム データモデルの設計ノウハウで対応(010p)

  • もう失敗を繰り返さない プロジェクトお悩み相談室
    • 成果物をうまく作れない 原因は利用技術の変化(011p)

  • TREND
    • 技術 ERPで進む 「AI」 活用 使いながら精度を高める(012p)
    • ビジネス IT業界、6人に1人がブラック 膨大な業務、人手不足に悲鳴(014p)
    • エンジニアリング 非効率で不毛なテストをやめる Excelスクショを自動化(015p)

  • 要件定義のコミュニケーションスキル
    • 【最終回】 プレゼンテーションスキル
      承認獲得に重要なプレゼン 相手を引きつける五つのポイント(016p)

  • 涼子PMの案件簿
    • 体制図(060p)

  • ムダを徹底排除する 実践! ロスコスト管理術
    • 不採算プロジェクトとロスコスト ハードの原価低減に学ぶ プロジェクトのムダ排除(064p)

  • 上流で作り込む本物のセキュリティ
    • セキュリティ事故は防げた 問題の過半は上流工程にあり 設計者には方法論が必要(070p)

  • リーダーが知っておくべきIoTの急所
    • IoT概論 IoTの本格導入は始まった まずは全貌をつかもう(076p)

  • 体感してわかるデザイン思考
    • なぜ今求められているのか 顧客の潜在ニーズをつかみ新たな 「体験」 を創る武器に(082p)

  • トラブル事例から学ぶ 委託開発の契約セオリー
    • RFPの不備にまつわるトラブル 委託開発では最初が肝心 要件定義“丸投げ”はNG(088p)

  • ユーザーも満足のシステムエンハンス
    • 【最終回】 持続的に改良可能にする 外部と内部品質をバランス 三つの方針を活用する(094p)

  • 読者から
    • フレームワークの記事が良かった(102p)

  • 編集から/次号予告
    • 編集から(103p)

  • 3分でわかる最新フロントエンド開発
    • 知っておきたい フロントエンドのアーキテクチャー(105p)

  • 提案力アップで“謳って踊れる”ITエンジニア
    • ITエンジニアは“日々提案” 仕事を自分で定義しよう(106p)

    商品詳細

    発行元
    日経BP社
    発行日
    2017年3月26日
    サイズ
    *
    原著者
    日経SYSTEMS