大収縮1929-1933「米国金融史」第7章

ミルトン・フリードマン、アンナ・シュウォーツ著/久保恵美子 訳 

2,592円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

日経BPクラシックス 第6弾


大恐慌の研究の金字塔といわれる『米国金融史1867-1960』の大恐慌部分のみを抜き出したダイジェスト版の本邦初訳。
大恐慌の原因を膨大な実証データに基づいて「FRBが金融引き締めという誤った政策をとったために起きた」ものであることを論証した。この研究から、フリードマンを代表とするマネタリストが誕生した。
「リスク」の著者ピーター・バーンスタインが「2007年の視点から見た大収縮」を書き、付録で現FRB議長のベン・バーナンキの「結局、あなたは正しかった」というフリードマンへの言葉を含む講演を収録している。


商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2009年9月29日
ISBN
9784822247669
ページ数
384
サイズ
4-6変
原著者
ミルトン・フリードマン、アンナ・シュウォーツ著/久保恵美子