知はいかにして「再発明」されたかアレクサンドリア図書館からインターネットまで

イアン・F・マクニーリー,ライザ・ウルヴァートン 著 

2,376円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

図書館、修道院、大学、実験室、そしてグーグル・・・・・・
すべては知識を組織化するために生まれた!
古代エジプトで初の図書館が誕生してから二千数百年。
人類は自分たちの知を保存、蓄積、そして再生産することで、
次の世代に伝え、社会に働きかけ、時に世界そのものを作り変えてきた。
中世ヨーロッパの都市に、学者と学生が集って自然発生的に生まれた大学には、専用の建物がなかった。
グーテンベルグの活版印刷により粗製乱造された書籍の内容を保証したのは、収録された個人的な「手紙」だった。
近代科学の発展に伴い、実験室(ラボ)ではマリー・キュリーに代表されるように女性が活躍できる場ができた。
気鋭の歴史学者が綴る人類と知識の知られざるドラマ。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2010年9月21日
ISBN
9784822248253
ページ数
344
サイズ
4-6
原著者
イアン・F・マクニーリー,ライザ・ウルヴァートン