資本論 第1巻 4

カール・マルクス (著), 中山 元 訳 

2,160円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

日経BPクラシックス 第11弾



カール・マルクス(1818-1883)が生前に出版された第1巻の最終分冊。『資本論』のなかで最も有名な「第24章いわゆる原初的な蓄積」を含む「第7篇 資本の蓄積過程」の第21章から第25章までを収録する。

「第1章商品」から展開されたマルクスの論理は、

・貨幣がいかにして資本に変容するか
・資本によっていかにして増殖価値が生み出され、増殖価値からいかにして、さらに多くの資本が生み出されるか

を考察してきた。

ここでは、資本主義(マルクスの用語では、資本制的生産様式)の出発点となる資本の原初的な蓄積の歴史を詳述する。

圧巻は「第23章資本制的な蓄積の一般的過程」。特に第5節「資本制的な蓄積の一般法則の例示」では、イギリスの資本主義を支えた産業労働者の貧困化について熱い思いをこめて叙述している。

日経BPクラシックス

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2012年9月24日
ISBN
9784822248819
ページ数
512
サイズ
4-6変
原著者
カール・マルクス (著), 中山 元