クリィミーマミはなぜステッキで変身するのか愛されるコンテンツを生むスタジオの秘密

布川 郁司 著 

1,760円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

高田明美先生描き下ろし! 優&マミのカバー・扉イラスト! !

30年経っても愛される『クリィミーマミ』はいかにして誕生したか?

制作のひみつからアニメビジネスの舞台裏まで、創業者が語り尽くす!

ニルスのふしぎな旅、うる星やつら、魔法の天使クリィミーマミ、
おそ松くん、幽☆遊☆白書、BLEACH、NARUTO疾風伝…


老舗アニメ・スタジオ35年の軌跡が明らかに!

『こち亀』の秋本治先生推薦! !


著者について

布川 郁司(ぬのかわ・ゆうじ)
株式会社ぴえろ 取締役最高顧問

1947年2月11日、山形県酒田市に生まれる。1967年、日本デザインスクール卒業後、
アニメーターとしてアニメーション会社朋映プロ入社。その後、虫プロ、スタジオジャック
などを経て、竜の子プロダクションに入社。アニメーターから演出家となる。主な作品として、
「カバトット」「タマゴン」「いなかっぺ大将」「てんとう虫の歌」「キャシャーン」
「タイムボカン」「ヤッタ-マン」などの作品を担当する。約6年の竜の子時代を経て、
1977年4月、スタジオぴえろを発足、「みつばちマーヤ」を手がけ、1979年5月7日には、
株式会社ぴえろ設立に至る。「ニルスのふしぎな旅」から始まり、「うる星やつら」
「魔法の天使クリィミーマミ」「平成天才バカボン」「幽☆遊☆白書」「NARUTO」
「BLEACH」など、およそTVシリーズ72作品以上、映画15タイトル以上の企画、制作に
携わっている。



正誤表はこちらです。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2013年12月24日
ISBN
9784822249922
ページ数
288
サイズ
4-6
原著者
布川 郁司