道徳感情論

アダム・スミス (著), 村井 章子 (翻訳), 北川 知子 訳 

3,456円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

日経BPクラシックス 第14弾

アダム・スミス『道徳感情論』新訳である。その冒頭ーー。

「人間というものをどれほど利己的とみなすとしても、なおその生まれ持った性質の中には
他の人のことを心に懸けずにはいられない何らかの働きがあり、他人の幸福を目にする快さ以外に
何も得るものがなくとも、その人たちの幸福を自分にとってなくてはならないと感じさせる」

スミスといえば、利己心が市場経済を動かすという『国富論』の記述が有名だが、
スミスの『国富論』に先立つ主著である『道徳感情論』では、他者への「共感」が人間行動の根底に置かれる。

本書序文を書いているノーベル経済学賞受賞者アマルティア・センは、こう述べている。

「スミスは、広くは経済のシステム、狭くは市場の機能が利己心以外の動機にいかに大きく依存するかを論じている。
(中略)事実、スミスは『思慮』を『自分にとって最も役立つ徳』とみなす一方で、『他人にとってたいへん有用なのは、
慈悲、正義、寛容、公共心といった資質』だと述べている。これら二点をはっきりと主張しているにもかかわらず、
残念ながら現代の経済学の大半は、スミスの解釈においてどちらも正しく理解していない。」

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2013年4月22日
ISBN
9784822250003
ページ数
752
サイズ
4-6変
原著者
アダム・スミス (著), 村井 章子 (翻訳), 北川 知子