取締役会の仕事先頭に立つとき、協力するとき、沈黙すべきとき

ラム・チャラン,デニス・ケアリー,マイケル・ユシーム(著),川添節子 訳 

2,200円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

社外取締役が会社を救う!(殺す?)

IBM P&G アップル ヤフー! フォード BHPビリトン レノボ、インフォシス--。世界的な企業の取締役会では、ボードメンバーがどのように行動し(あるいは行動せずに)、会社を成功へと(あるいは破綻へと)に導いてきたのか? 先進事例に究極のコーポレート・ガバナンスを学ぶ。

「われわれはここで何をしようとしているのか? いまこの会社が置かれた状況のなかで、どのような役割を果たすべきか? その役割を果たすために何を優先すべきか?……先頭に立つべきとき、協力すべきとき、何も関与すべきでないときを見きわめることは、取締役会のもっとも重要な任務である」(元フォード・モーターズ筆頭取締役 アーヴィン・ホカデイ・ジュニア)--本文より

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年12月22日
ISBN
9784822250614
ページ数
348
サイズ
A5変
原著者
ラム・チャラン,デニス・ケアリー,マイケル・ユシーム(著),川添節子