詳解! Windows Server仮想ネットワーク ~ Microsoft SDNの実装を徹底解説

後藤 諭史、高添 修 著 

3,456円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

SDN(Software-Defined Networking)は「ソフトウェア定義のネットワーク」と訳されるもので、ネットワークの制御をソフトウェアで行う技術や概念を指します。Windows ServerにおけるSDN機能は、Windows Server 2016で「Microsoft SDN v2」となり、VMwareやCisco Systemsなどにより開発された「VXLAN」も搭載するようになりました。さらにWindows Server 2019では、SDN機能が大幅に強化されています。
 SDNはまた、クラウドサービスであるAzureを支える技術としても活用されています。仮想化技術とクラウドの普及により、SDNはネットワーク業界だけの関心事ではなく、ネットワーク仮想化、そしてクラウドを利用する上で、欠かせない知識となっています。
 本書は、Windows Server 2016/2019のネットワーク仮想化機能の中心となる「Microsoft SDN v2」の解説書です。大きな概念としてのMicrosoft SDNにフォーカスし、その考え方と実装、ならびに技術要素としてのVXLAN、その他のMicrosoft SDNを構成する重要なコンポーネントを取り扱います。また、Microsoft SDN v2利用製品としてのAzure Stackについても取り上げます。

【目次】
第1章 AzureとMicrosoft SDNの変遷
第2章 Microsoft SDN v2のテクノロジ
第3章 Microsoft SDN v2の展開
第4章 Microsoft SDN v2のオペレーション
第5章 Microsoft SDN v2のデザインとマネージメント
第6章 Azure StackとMicrosoft SDN v2

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年6月24日
ISBN
9784822253868
ページ数
320
サイズ
B5変
原著者
後藤 諭史、高添 修