リーン開発の本質ソフトウエア開発に活かす7つの原則

メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク著、平鍋健児 監訳 高嶋優子、天野勝 訳 

2,592円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

「トヨタ生産方式」を源流にする「リーン開発」をソフトウエア開発に取り入れるための具体的方法を紹介した本です。製造分野から始まったリーン活動は、その原則を理解しないままプラクティスだけを開発分野に適用しようとしても、行き詰るか失敗に終わってしまいます。本書は、リーンの7大原則を「価値」「ムダ」「スピード」「人」「知識」「品質」「パートナー」に整理し、ソフト開発現場にどうしたら効果的に適用できるかを、多くの実例を交えながら具体的に説明します。著者は、米3M社で自らリーン開発を実践した経験を持つ、米国ソフトウエア業界におけるリーン開発の第一人者であり、多くのリーン開発に携わった経験を踏まえ、トヨタのプロセス改善、チームづくり、人づくりから何を学び、どうソフトウエア開発に活かせばよいかを力強い筆致で説いていきます。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2008年2月12日
ISBN
9784822283506
ページ数
352
サイズ
A5
原著者
メアリー・ポッペンディーク、トム・ポッペンディーク著、平鍋健児 監訳 高嶋優子、天野勝