ひと目でわかるVDI&リモートデスクトップサービス Windows Server 2019版

Yokota Lab., Inc. 著 

3,240円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

リモートデスクトップサービス(RDS)は、Windows Server 2008までは「ターミナルサービス」と呼ばれていた技術で、Windows NT 4.0で初めて登場しました。RDS自体はシンクライアント環境を実現するための技術ですが、Windows Server 2008 R2以降ではHyper-Vとの組み合わせでVDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)を構成できるようになりました。シンクライアント自体は作業環境の統一や情報漏えい対策などで以前から利用されてきましたたが、仮想化技術やAzureをはじめとするクラウドサービスの登場・普及に伴い、従来のシンクライアント環境としてのRDSの利用よりも、デスクトップ(クライアント)仮想化技術としてのVDIが注目されるようになりました。また、2020年1月のWindows 7のサポート終了に向けた対策のひとつの解として、Windows 7のPCを、VDIを利用したWindows 10ベースの仮想デスクトップに置き換える動きも始まっています。
本書は『ひと目でわかるリモートデスクトップサービスWindows Server 2012版』(2013年発行)の、約6年ぶりの改訂版となります。今回の改訂では、先述のような市場動向を反映して内容を大幅に見直し、RDSによるシンクライアント環境と、Hyper-VとRDSを組み合わせたVDI環境のそれぞれについて、構成・管理手順を解説します。もちろん、「ひと目」シリーズの特長を活かし、ひとつひとつの操作を、豊富な画面でていねいに説明しています。また、新たに登場したWindows Virtual Desktop(WVD)についても紹介します。

目次
第1章 リモートデスクトップサービスの概要
第2章 RDS/VDIのイントールと削除
第3章 RDS/VDIの構成
第4章 RemoteAppプログラムと仮想デスクトップへの接続
第5章 RDゲートウェイとRDライセンスの構成
第6章 RDSのパスワードとログの管理

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年9月2日
ISBN
9784822286507
ページ数
284
サイズ
B5変
原著者
Yokota Lab., Inc.