テクノロジーの世界経済史 ビル・ゲイツのパラドックス

カール・B・フレイ(著),村井 章子,大野 一 訳 

3,520円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

「ビル・ゲイツは二〇一二年に『イノベーションがこれまでにないペースで次々に出現しているというのに‥…アメリカ人は将来についてますます悲観的になっている』と指摘し、これは現代のパラドックスだと語った。(本書序章から)

「仕事の半分が消える」 2013年、オックスフォード大学の同僚マイケル・オズボーンとの共同論文「雇用の未来 仕事はどこまでコンピュータ化の影響を受けるのか」で世界的な議論を巻き起こしたカール・B・フレイによるテクノロジー文明史。 フレイによるテクノロジーの観点から見た人類の歴史はこうだ。新石器時代から長く続いた「大停滞」の時代を経て、アジアなど他地域に先駆けて、蒸気機関の発明を転機としてイギリスで産業革命が起きる。「大分岐」の時代である。労働分配率が低下する労働者受難時代であり、機械打ち毀しのラッダイト運動が起きる。
その後、電気の発明によるアメリカを中心とした第二次産業革命が起き、労働者の暮らしが劇的に良くなる格差縮小の「大平等」の時代がやってきた。テクノロジーと人間の蜜月時代だ。 ところが工場やオフィスへのコンピュータの導入を契機に、格差が拡大する「大反転」の時代に入る。さらにAIによる自動化が人間の労働に取って換わることが予想される今後、人類の運命はどうなってしまうのか。著者フレイは膨大なテクノロジーと人間に関する歴史研究を渉猟し、「ラッダイト運動」再来の可能性もある、と警告する。

●目次
序論
■第1部大停滞
第1章産業革命前の技術の歴史
第2章産業革命前の繁栄
第3章なぜ機械化は進まなかったのか
■第2部大分岐
第4章工場の出現
第5章産業革命と不満分子
■第3部大平等
第6章大量生産から大衆の中流化へ
第7章機械化問題の再燃
第8章中流階級の勝利
■第4部大反転
第9章中流階級の衰退
第10章広がる格差
第11章政治の二極化
■第5部未来
第12章人工知能
第13章ゆたかな生活への道

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年9月23日
ISBN
9784822289027
ページ数
650
サイズ
4-6
原著者
カール・B・フレイ(著),村井 章子,大野 一