超高速開発が企業システムに革命を起こす

関隆明 監修 一般社団法人ICT経営パートナーズ協会 著 

2,700円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

 必要な情報システムをスピーデイに開発し、柔軟に変えていくことのできる手段として、超高速開発という考え方とそれを支える超高速開発ツールが注目を浴びています。ここでいう「超高速開発」とは、単にプログラムを自動生成する機能だけではなく、業務のデザインから運用・保守工程をも含めたシステム・ライフサイクル全般にわたる生産性向上と継続的品質改善のやり方を意味します。ユーザ企業はもちろん、今までプログラミングの知識がないという理由でシステム開発を対象外と考えていた経営指導の専門家の人達にとっても、経営や業務知識をベースに情報システム開発が行える有力な方法になる可能性があります。2013年8月にソフトウェアの生産性を高める超高速開発ツールベンダ13社が集まって、「超高速開発コミュニティ」が発足しましたが、本書はそのコミュニティのまとめ役であるICT経営パートナーズ協会(会長は元NECソフト社長・会長、元ITコーディネータ協会会長の関隆明 氏)のメンバーが分担して原稿執筆にあたりました。また付録には、ベンダの寄稿による各社のツールの概要をまとめています。


推薦のお言葉
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア高信頼化センター(SEC)所長  松本隆明 氏
「ビジネス環境の変化がめまぐるしい現代、手工業的なシステム開発をしていては企業は勝ち残れない。この著には既存の枠にとらわれない先進的な開発手法への挑戦がある。」

一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS) Executive Fellow(元副会長) 細川泰秀 氏
「この「超高速開発」ツールは、従来のシステム開発手法に対するイノベーションである。各社の競争力向上のために、このツールの活用をぜひ検討してほしい。」

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年5月19日
ISBN
9784822296278
ページ数
320
サイズ
A5
原著者
関隆明 監修 一般社団法人ICT経営パートナーズ協会