2020年版CAD利用技術者試験 3次元 公式ガイドブック

コンピュータ教育振興協会 著 

3,740円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

コンピュータ教育振興協会が主催している「3次元CAD利用技術者試験」を受験する人のための公式ガイドブック(学習書)です。機械・製造系3次元CADを仕事で使いこなせるようになることを目指します。
3次元CAD利用技術者試験には、3次元CADの技能の問題が出題される「1級」と「準1級」と、3次元CADの基本知識の筆記問題が出題される「2級」の3種類があります。
1級は機械・製造系の3次元CADシステムの利用経験が半年以上ある人を想定しています。準1級は3次元CADの利用経験がまだ浅い人や、これから利用しようとしている人を想定しています。
1級や準1級を受験するには2級試験に合格していることが必要です(ただし2級との併願受験も可能)。2級の受験資格はとくにありません。2019年度の1級・準1級の試験問題とその解答を掲載しています。

はじめに

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)について
CAD利用技術者試験について

2020年度3次元CAD利用技術者試験実施概要

実技(1級・準1級)の傾向

序章 拡がる3次元CADの世界とコンピュータシステム

第1章 3次元CADの概念
1 3次元CADとは
2 3次元CADの活用
3 3次元CADの歴史
4 3次元モデルのデータ構造
5 3次元モデルの構成
6 表示技術

第2章 3次元CADの機能と実用的モデリング手法
1 3次元CADによる設計
2 モデリング機能
3 実用化の事例
4 複合化したコマンド
5 検査・計測・解析の方法
6 モデリング手法
7 アセンブリモデリング
8 実用上の注意点

第3章 3次元CADデータの管理と周辺知識
1 プロジェクト管理
2 PDM(Product Data Management)
3 コンピュータシステムの構成
4 CADとネットワーク知識
5 情報セキュリティ

第4章 3次元CADデータの活用
1 CAE(Computer Aided Engineering)
2 CAM(Computer Aided Manufacturing)
3 CAT(Computer Aided Testing)
4 CG(Computer Graphics)
5 3Dプリンター
6 DMU(ディジタルモックアップ)
7 コラボレーション
8 3次元CADデータの応用例

3次元CAD利用技術者試験 1級・準1級サンプル問題

2019年度3次元CAD利用技術者試験 試験問題
前期試験問題
後期試験問題
2019年度3次元CAD試験解答

巻末付録 3次元CAD利用技術者試験 用語集

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年3月9日
ISBN
9784822296902
ページ数
368
サイズ
B5
原著者
コンピュータ教育振興協会