Automation Anywhere A2019シリーズではじめるRPA超入門

小笠原 種高、桐島 諾子 著 

2,420円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

Automation Anywhere EnterpriseはRPAツールの1つです。RPAは、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation)のことで、今まで手作業で行っていた仕事を自動化できるツールです。データの収集から統合・入力までを人間に代わって実行できるもので、POSデータやExcelのデータ入力などにも使えます。  
Automation Anywhere Enterpriseの最新バージョンA2019は2019年10月に発表されたもので、クラウド型になり、これまでとUIが大きく変更になりました。A2019では、従来形式の表示以外に、アイコンのツリー表示も選択できるようになり、初学者でもフローがわかりやすいように改良されています。 本書はA2019の無償版(Community Edition)を使いながら、基本操作を解説していきます。最後の章ではさらに有償版で使える便利な機能や、上級ユーザーがアドバイスする使用方法、用語集、参考資料リンクなども掲載しており、機能の辞典としてもご利用いただけます。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年7月20日
ISBN
9784822296919
ページ数
188
サイズ
B5変
原著者
小笠原 種高、桐島 諾子