日産自動車「リーフ」徹底分解2018[ECU編]

フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ 著 

1,080,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

30個以上におよぶECUを分解写真つきで解説
ECUの機能・接続先・搭載ICを分析
構成部品から推定原価を算出

日産自動車が量産電気自動車(EV)として商品化した『リーフ』。2017年9月に一新した2代目のリーフが発表されました。

本書は、2018年3月に刊行した「日産自動車『リーフ』徹底分解2018[全体編]」の詳細版として、同車両に搭載されているECU(電子制御ユニット)に焦点を当て、専門家が30個以上におよぶユニットを徹底分析いたしました。

全体概要をはじめ、ECUの機能に応じて安全機能や外部通信/ナビゲーションシステム、シャシー、車体・電装、電源に区分して収録しています。

ECUはユニットごとに、電装品単体としての機能に加え、システム内での役割、搭載場所、外観、分解画像、基板の電子部品情報、ブロック図、電子部品点数、推定原価を掲載しました。

2018年3月に発売した「日産自動車『リーフ』徹底分解2018[全体編]」と合わせてお読みいただければ、新型リーフの全貌をご理解いただけます。

主な内容
【第1章】全体概要
【第2章】安全機能
【第3章】外部通信/ナビゲーションシステム
【第4章】シャシー
【第5章】車体・電装
【第6章】電源

★本レポートをオンラインで閲覧・検索できる「オンラインサービス」とのセットもご用意!
詳細・お申込はこちら

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年7月31日
ISBN
9784822292768
ページ数
470
サイズ
レポート〔A4判バインダー式〕
原著者
フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ