• 予約受付中

DXサーベイ2 書籍Withコロナ時代の実態と課題分析

日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹 上席研究員 渡辺享靖 著 

880,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

<詳細・お申し込みはこちら>

Withコロナ時代、DXにどう取り組むべきか?
企業が抱える課題や実態を多面的に調査・分析し、DXで成果を上げるために必要な情報を徹底網羅


Withコロナ時代に日本企業は、どのようにデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組めばよいのでしょうか--。

新型コロナ危機でDXに関心を持つ企業が増えるなか、改めてDXの本質を明らかにし、企業がやるべきことの指針を示します。内容は大きく、①Withコロナ時代の865社デジタル化実態調査、②コロナ以前/コロナ以後のDX推進度、③先進22社のDX戦略レポート、④アフターコロナ時代を見据えたDX方法論の4部で構成しています。

コロナ以前と以後で変化したこと・変わらないこと。Withコロナ時代に生き残るための優先課題。デジタル化で解決すべき重要なテーマ。DX投資は増やすべきかどうか。DXで成果を上げるための具体策…。独自調査と先進企業・有識者への徹底取材により、Withコロナ時代のDX実態・課題をあぶり出し、DXで成果を上げるための要諦を明らかにします。

DXでビジネス成果を上げることは経営の責務です。自社で取り組んでいるデジタル化の立ち位置を把握し、今後の強化策を練る。このためにも、本書は経営者・リーダークラス必見の1冊です。

≪目次≫
第1章 ニューノーマル時代のデジタル変革、現状と課題と針路
第2章 865社独自調査で解明、Withコロナ時代のDX実態
第3章 865社のDX推進度、新型コロナ対策など28項目で分析
第4章 先進22社のDX戦略、知られざる推進体制と具体策
第5章 主要ITベンダー22社が指南、ニューノーマル時代のDX方法論

★本レポートをオンラインで閲覧・検索できる「オンラインサービス」とのセットもご用意!
詳細はこちら

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年11月25日
ISBN
9784296106837
ページ数
456
サイズ
レポート(A4判)
原著者
日経BP総研 イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹 上席研究員 渡辺享靖