日経ドラッグインフォメーション【プレミアム版】薬剤師のスキルアップに役立つ専門情報誌

毎月10日発行(年12冊)  一部売価格  1,040円

購読コースと購読期間を選択してください

1年
(12冊)
3年
(36冊)
  • 全て税込み表示です
コース
らくらく購読コース
小計
(税込み)

内容紹介

編集方針
「日経ドラッグインフォメーション」は、薬剤師のために医薬品の最新情報や調剤・服薬指導の実践ノウハウ、また薬剤師の臨床判断力の向上に役立つ、疾患に関するわかりやすい解説などをお届けしています。
なお、「日経ドラッグインフォメーション」には有料の「プレミアム版」と、全国の保険薬局に無料でお届けしている「薬局送付版」があります。プレミアム版では薬局送付版では読めない「特集」や「DIクイズ」、スキルアップ連載講座がお読みいただけます。

【主な内容】
特集・・・薬剤師のスキルアップや薬局のマネジメントに不可欠なテーマを取り上げ、最新のトレンドを押さえながら独自の切り口で解説します。
日経DIクイズ・・・服薬指導のコツをQ&A形式で毎月6問出題。薬剤師と患者の対話を題材にしたクイズを解きながら実践的なノウハウや知識を自然に習得できます。創刊以来の大人気コーナーです。(6問中2問は薬局送付版にも掲載されます。)
新薬まるわかり・・・毎回1つの新薬を取り上げて、その薬学的情報、処方監査のポイント、服薬指導で伝えるべき事項など薬局薬剤師の日常業務に必要な情報を、実際に処方されたケースとともに解説します。
妊婦とくすりの基礎知識・・・国立成育医療研究センター「妊婦と薬情報センター」の薬剤師が、妊婦が服用してよい薬、避けるべき薬について、添付文書には書かれていないエビデンスに基づいて解説します。
カンファレンスで学ぶ薬学的臨床推論・・・「熱が上がってきたが、どうすればいいか」「薬を飲み始めてこんな症状が出たけれど大丈夫か」など、薬局で遭遇しがちな患者からの訴えをテーマにケースカンファレンスを開催、薬局薬剤師の臨床推論能力を磨きます。
薬学管理スキルアップセミナー・・・薬歴管理の第一人者である早川教授が全国の薬局を訪問し、その薬局における実際の症例について、臨床推論能力を高めるには何に着目すべきか、多職種連携能力を高めるためにはどう伝えるべきかを、グループ討論やロールプレイを交えながら考えます。
徹底マスター 薬の相互作用としくみ・・処方監査で欠かすことのできない併用薬チェック。その前提知識となる薬物相互作用のメカニズムを詳解。相互作用を予測・判断するための実践力が身に付きます。
症例に学ぶ 医師が処方を決めるまで・・・第一線の臨床医が、疾患の基礎知識や診断プロセス、処方に至るまでの考え方を薬剤師向けに解説します。治療効果を最大限引き出すために重要な、服薬指導のコツが習得できます。
漢方のエッセンス・・・日常診療でよく用いられる漢方の処方を取り上げ、その証・効能を豊富な症例とともに解説します。
医師が語る 処方箋の裏側・・・毎号、各科の最前線で治療にあたる臨床医が登場。適応外処方の臨床的背景やユニークな処方など、1枚の処方せんに込めた思いや処方の根拠を明かします。
ヒヤリハット事例に学ぶ・・・全国から収集したヒヤリハット・データベースの事例を基に、ヒヤリハットの原因を薬学的知識から分析し、どのようにミスを回避すべきか、またミスを防ぐための指導のコツを解説します。
実践!患者考・・・薬局で遭遇することの多いエピソードを通じて、患者対応において薬剤師が留意すべきポイントを紹介していきます。
※誌面の内容や構成等は、予告なく変更する場合があります。

お支払い・お届け方法などについて

らくらく購読コースをおすすめします
初回の契約は10%お得!

【らくらく購読コースについて】
「らくらく購読コース」は、お客様から定期購読中止の連絡があるまで、自動的に購読を継続させていただきます。次回の購読期間、購読料金については、事前におしらせします(購読料金変更の際は、料金を改定させていただきます)。
「らくらく購読コース」でお申し込みいただくと、初回契約の購読料金が10%OFFとなります。
購読料金のお支払い方法は、クレジットカードに限定させていただきます。
中途解約はいつでも承ります。「定価1,040円(税込み)×送本済み冊数」で精算させていただきます。

【通常コースについて】
購読料金(一括前払い)は、雑誌に同封または、送本開始後に別送する専用払込用紙で郵便局またはコンビニエンスストアから払い込みください。
中途解約はいつでも承ります。「定価1,040円(税込み)×送本済み冊数」で精算させていただきます。

お届け方法
ポスト投函方式の宅配便でお届けいたします。

購読の開始号について
お申し込みいただいた時点での最新発送号からお届けします。異なる開始号をご希望の場合は、読者サービスセンターまでお問い合わせください。
お手元にDMやE-mail等で購読のご案内をお持ちの方は、ご案内に記載した号からお送りします。インターネットでお申し込みの際は、正確にお届けするため、上記の「参照メディア」にお申し込みコードを必ずご入力ください。

お問い合わせ・予約購読のご契約について
「定期購読の契約について」もご一読ください。
お届け・お支払い方法などのお問い合わせは、「日経BP社Q&A」をご参照ください。
定期購読に関するお問い合わせは下記までお知らせください。

日経BP社 読者サービスセンター
フリーダイヤル:0120-255-255(祝祭日を除く月~金 9:00~17:00)
※携帯電話、PHSからは03-5696-1111までおかけください。

このページからのお申し込みは、日本国内専用です。