グローバルエンジニア世界で活躍する技術者になるには

古屋興二  

1,944円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

グローバルエンジニアは、海外の現地工場、研究所、外資系企業など、国際舞台で活躍する技術者を言う。本書は、理工系の進路を目指す受験生、その親、教師、さらにはグローバルエンジニアになることを目指す大学生、社会人に対し、技術者育成の世界の潮流と、教育における様々な取り組みを伝える。具体的には、実際に世界で活躍する日本人エンジニア7人の生の声、欧米の諸大学および教育機関のグローバルエンジニア教育の内容の紹介。日本の大学におけるグローバルエンジニア教育、企業のOJT(On the Job Training)の実例などである。著者自身、日本では東京大学、米国ではカリフォルニア工科大学で工学を学び、また日米双方で技術者、経営者、教育者として活躍しており、ビジネスの現場における豊富な経験と知識に裏打ちされた、未来の国際派技術者のあるべき姿に対する主張は、必ずや多くの技術者、技術者を目指す人に伝わることだろう。これまでの日本の企業は、社内でのOJTで国際化に対応してきた。しかし、今や企業だけにグローバル化教育を任せる時代ではなくなってきている。「大学」こそが、世界を舞台に活躍する実践的技術者を育成する時代がやってきたのだ。

商品詳細

発行元
日経BP企画
発行日
2005年12月5日
ISBN
4861301254
ページ数
264
サイズ
A5
原著者
古屋興二