SAPを入れれば会社が変わる社長のためのSAP ERP入門

鈴木忠雄 監 

1,728円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

企業経営者、マネジメント層向けのSAP ERP指南書。中堅・中小企業の経営者に、業務改革の必要性、SAP ERP導入のメリット、SAP ERPを導入することによる企業のメリット等を解説する。IT用語やシステム用語を極力使わず、経営の視点での解説に重点を置く。
SAP ERPは、大企業/中堅企業向けの代表的なERPパッケージで、高いデータ処理機能を持ち、最適な業務プロセスを柔軟に構築することができる。SAP ERPは2000年以降、大企業を中心に導入が進み、現在では中堅企業での利用も広まり、日本国内で約2500社に採用されている。
その一方で、導入を検討する際には、ユーザーの中に「そもそも、SAP ERPとは一体何なのか」「SAP ERPでできることと、できないことは」「他のパッケージに比べて、どんな特長があるんだろう」などの疑問がある。
本書は、こんな素朴な疑問に答えるために、主に経営者やマネジメント層の皆様向けにSAP ERPの解説書としてまとめた。

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2010年10月25日
ISBN
9784901823401
ページ数
248
サイズ
4-6
原著者
鈴木忠雄