IT活用で乗り越える放射能汚染「放射能時代」を克服した先の日本再生

一般社団法人行政刷新研究機構 編著 

1,296円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

「放射能時代」到来! あなたはどう立ち向かいますか?
3月11日に東日本を襲った巨大地震と津波。そして直後に起きた東京電力福島第一原発の事故が、今世界中の原発関係者の注目を集めている。この非常事態に、日本政府や各地方自治体がとるべき対策は何か。そして私達国民が自己防衛のためにできることは?
本書は、政府に数々の政策を提言してきた実績を持つ行政刷新研究機構(GGi)が、一連の原発事故の流れや背景をいま一度整理し、日本が世界からの信頼を回復するために取るべき対策を、緊急提言としてまとめたもの。
行政関係者のみならず、一般国民も自己防衛のための参考書として活用できる1冊。

【緊急提言内容】
提言1:放射線量データの可視化を! …放射線は数値化して正しく怖がるべし
提言2:子どもたちに放射線データ収集機器を! …影響を受けやすい子どもを守れ
提言3:国民一人ひとりの「生涯被曝線量」検査の制度化を!
…常に正確な被曝量を把握できる環境を整えよ

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2011年10月11日
ISBN
9784901823869
ページ数
152
サイズ
4-6
原著者
一般社団法人行政刷新研究機構