政治こそ経営だ区政に経営マインドを “杉並改革”11年の軌跡

山田宏 著 

1,620円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

平成11(1999)年4月~平成22(2010)年5月までの11年間、杉並区長を務め、
杉並区の改革に取り組んだ著者。
就任当時、約900億円の区債を抱えていた杉並区の区債残高を、在任期間中に約165億円にまで圧縮。
その他にも1000人の職員数削減やレジ袋削減などの行政改革を主導した。
「杉並を日本のモデルに」という志を今後の国政に生かすべく立ち上がった、山田宏の超・政治経営論。

◎推薦者のコメント
「日本の将来を思う全ての経営者に読んでほしい一冊だ」
サントリー社長 新浪剛史
「この杉並区の改革が日本を救うモデルになるだろう」
NPO法人 日本を美しくする会 相談役、イエローハット創業者 鍵山秀三郎
「僕が知り得る、もっとも経営者らしい政治がここにある」
経営コンサルタント 小宮一慶

◎目次
第1章 リーダーシップを発揮する
第2章 経営マインドでイノベーションを起こす
第3章 人を動かし、強い組織をつくる
第4章 教育を推進し、意識を変革する
第5章 お金を生かし、政治を経営する

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2016年5月6日
ISBN
9784864431040
ページ数
200
サイズ
4-6
原著者
山田宏